【一斉休校の影響 】学校が再開されて、高校3年生の今。やるべきことを決める!これが大事!

ふんわり、ゆらゆら、ぼーっと・・・。

 3ヶ月に及ぶ学校の休校がもたらしたものは、学習進度の遅れといった物理的なものだけではありません。実は、私が最も気にしているのは、生徒のどこかふんわりして漂っているような雰囲気なんです。

燃え尽きるどころか燃えることすら失う結果に・・・。

高校3年生は、本来ならば、6月は部活動の引退時期です。ですが、今年は大会自体が中止になり、燃え尽きるどころか燃える前に終わりました。塾に来る生徒は、部活動にすべてをかけている感じではありませんが、それでもこれまでやって来た訳ですから、突然の引退には戸惑います。しかも、学校は休校中ですから、友達とそれについて話す時間もなく、気持ちを共有することすら難しい。世の中、色々なものがオンラインになっていますが、さすがにこればかりはオンラインに出る幕はないです。

どうやって伝える?(悩)

こういった状況にありながらでも、もちろん生徒は勉強しています。ただ、どこか集中できていない気が私はしています。先日、授業の中で、夏期講習の案内をしました。同時に、夏の学習の大切さを改めて伝えなければなりません。

どういった言葉をかけたらよいか?

私は思い切って、思うままにそのまま伝えました。

「今のみんなは勉強していない訳ではないだろう。ただ、先生から見たら例年の3年生より集中できていないように感じている。みんなを責めている訳ではない。今まで誰も経験したことのない時間を過ごしたのだから仕方ないとも思うが、それでも先生の目にはそう映る。だから、何となく勉強するのではなく、この夏をどう過ごすのか?夏に向けて今から何をやっていくのか?それを考える!分からない場合は相談に乗るから言っておいで。」と。

我々に出来る事はサポートだけ。

高校3年生が、今の状態を打開するには、生徒自身が、今の自分がどういった状況にあるかを把握し、それを解決するために何を行っていくのかを計画し、実行していく。そして、我々は、今の状況を客観的に伝え、学習方法の選択肢を与え、決定させ、声をかけ励ます。それしかないと思っています。

それでも少しずつ明るくなってますよ!

それでも、学校が再開されて2週間が経ち、少しずつ生徒の顔は明るくなってきています。やはり、学校生活は大事なんだなと改めて思います。先日、朝日高校のバスケット部で3年生の引退イベントがあったようですが、これはありがたかったですね。生徒自身にとって、部活動の終わりがはっきりしましたから。全然違います。翌日の顔が、それとなくスッキリしたように見えたのが印象的でした。

まぁ、生徒は私の授業を欠席してしまいましたが…(笑)

そんなのはいいんです。しっかり切り替えれたら、すぐに取り返せますから。

とくかく、夏に向けて、しっかり生徒と話をしていきたいと思います!ご家庭での学習が上手くいってない場合は、ぜひKLCへご相談ください!

 

中川

 

 

 

 

2020夏期講習 申込受付中!

KLCセミナー各校舎では、只今7月26日(日)から随時開始される「2020夏期講習」の申込受付をしております!このホームページから資料請求が可能です。

今年は学校が休校となり、毎年と比べて学校の進度が大幅に遅れております。KLCの夏期講習は、お子さまの学力向上および第一志望校合格に向けて、1学期の復習(実質各学校の8月までの授業の定着)と2学期の予習を中心に行います。特に高3生については、センター試験の代わりとなる大学入学共通テストの対策や国公立大学2次試験の対策、有名私立大学の入試対策などお子さまにぴったり合うコースをご用意しております。

最新の入試情報や多くの生徒・保護者の方に支持されているKLCセミナーの特長などですが、小・中学生は、毎週日曜日に保護者説明会&テスト会を実施しております。ご都合の悪い方は、別日でも実施可能ですので、希望される校舎にお問い合わせください。高校生は、各校舎で随時個別カウンセリングを行っております。この個別カウンセリングでは、お子様の現在の学力を確認した上で、今後お子様がどのような学習をしていくべきかを正確にお伝えすることと、KLCセミナーで受講すべき最適なプランをお伝え致します。なお、夏期講習の日程等詳細は、各校へお問い合わせください。

【3ヶ月分授業フォロー】勉強についての不安があればご相談ください!3ヶ月分授業を無料でフォローします!

学習進度の遅れを取り戻すことが必要!

一斉休校の影響から、学校の学習進度に遅れが出ています。このために、KLCと学校の学習進度に大きな差が開いているケースが目立ちます。これから入塾を検討される方には、この学習進度の差を埋めて頂く必要があります。差があるまま体験授業を行うと、授業に理解できない部分が出てきます。KLCでは、この差を取り戻すための学習フォローを無料で行い、不安なく体験授業を受けて頂きます。

 

特に気をつけたい学年!

《中学3年生》高校受験の対策を考えると、2020年内には3年生の指導内容を終えておく必要があるため、塾の学習進度が早め。

《中学1年生》中学生になったばかりで、休校期間の学習が難しかった学年。塾などで学習している生徒とそうでない生徒の差が一段と激しい。

《高校1年生》中1生と同様。休校期間中の課題が予習学習だったため、学習意識の高低で学習進度と定着度の差が激しい。特に、高校生は授業スピードが高いので定着が気がかり。

 


【ステップ1】体験に必要な最低限の知識を補習します。

まずは、受講を希望される講座の授業体験までに必要な最低限の知識を個別に補習させて頂きます。学年によっては2~3回の補習を行う場合もあります。

【ステップ2】体験授業に参加してください。

その後、体験授業に参加して頂きます。

【ステップ3】入塾後も学習フォローは続きます!

体験後、ご入塾された場合は、その後も継続して学習進度の差を埋めるべく補習を行ってまいります。7月末から始まる夏期講習までに追いつけるのがベストです。


ご不明点があれば、お気軽に各校舎までお問合せ下さい。

 

 

【一斉休校の影響】岡山の高校生はいま?これから夏に向けどんな勉強をしていけばよい?(学習進度・後編)

一斉休校による影響について、遅れが叫ばれる学習進度についての後編です。

高校生は個人差が激しい。

高校生は、各高校について対応が様々でした。動画を配信し、それを観て予習の補いをする高校もありましたが、ほとんどが登校日にまとめて基礎知識のみを一気に伝え、それを基に各自に予習を課すといった内容です。

予習ですから、生徒によって定着度に大きく差がついているのは仕方ありません。それを踏まえて各高校ともに、予習内容については、問題集等を利用して授業で復習を行っておられます。ただ、今後の進度の事を考えると、各高校ともにそれほど長く復習を行う時間はないように思います。

知っておいてほしい!復習授業の性質。 

 少し脱線します。ここで、知っておいて頂きたいのは、問題集等を使っての演習中心の授業は、学習してきた事を実践する(アウトプット)ことが目的であって、新たな知識を学習する(インプット)ことが目的ではありません。つまり、基になる知識が十分でなければ効果は少ないです。

KLCの授業が学力別になっているのも、学力層に応じて知識を入れ直す程度が異なるのも理由の一つで、QAのような個人別の補習時間を設けている理由でもあります。

お尋ねしたいのは、「しっかり予習しましたか?」ということです。

はっきり言うと、予習の段階であまり理解できていないのであれば、問題集を使った授業でそれが大きく改善されることは少ないです。どうしても理解できない場合は、復習授業の前に先生に質問するなり、塾を利用するなどの対策をしてください。

高1・高2生は、学習進度よりも定着を優先!

 学習進度の話に戻ります。各高校ともに、学習進度は遅れが響かないように工夫されると思います。ですから、高校1年生・2年生は、学習進度を気にすることはやめておきましょう。それよりも進度よりも知識の定着度の方を優先させて下さい。

やはり短時間で多くの内容を伝えることになるため、全体的に知識を定着させるための演習時間は圧倒的に不足してます。夏休みは短いですが、やはり夏の時期に演習時間を確保する必要があります。また、苦手科目においては、苦手意識を加速させる可能性が高いため、早急に対策をしてください。

特に、高校1年生は、本来なら高校生活に慣れ始める6月に、高校生活が始まる形になりますので、慣れ始める8月には必ず復習を入れる必要がありますね。

高3生は、理系の2次試験対策が必要!

 高校3年生は、理系科目の学習進度への影響が心配です。元々、理科は受験までのカリキュラムに余裕がありませんから、補習するにしてもやはり詰め込み感は強くなります。

入試日程の変更などの話も出ていますが、理系選択者にとって、数学Ⅲや理科などの科目は2次試験に向けた演習量の確保が必要になります。これから、9月までの勉強が本当に大事です。

部活動が中途半端に終わってしまったり、一斉休校で生活のリズムが乱れてしまったり、切り替えは難しいですが(これについては、また別の記事で触れたいと思います。)、せめて塾として、生徒がやるべき事に迷わないよう学習の方向付けをしていきたいと思います。

小学生の受験は、学習進度に影響なし。

一斉休校の小学生の受験に対する影響は、学習進度という観点でいえば、通塾している限りはほぼないと言えます。ただし、新型コロナウイルスの影響は、学習進度だけではなく、学習意欲や学習習慣にも及んでいますので、その点については、中学生や高校生を含め別記事でお話ししたいと思います。

 

中川

【一斉休校の影響】岡山の中学生の勉強はどれくらい遅れてる?いまやるべきことは何なのか?(学習進度・前編)

校舎にやってく生徒も制服姿が多くなってきました。一斉休校が始まったのが3月。6月になり制服も冬服から夏服に変わりましたが、例年以上に制服の白さがまぶしく感じてしまいます。今週からは、短縮授業から通常授業へと戻している学校も多く、少しずつではありますが、生徒たちも日常を取り戻しつつあります。とはいえ、3ヶ月にも及ぶ休校や各種行事の中止は生徒たちに大きな影響を与えてしまいました。その影響について、私が感じていることをテーマごとに、いくつか分けてお伝えしていきたいと思います。

今回は、一斉休校によって遅れているとされる学習進度についてお話します。

大きな学習進度の遅れが目立つ中学生…。

 まず、学習進度の遅れが最も生じているのは中学生。公立の中学校のほとんどが4月の状態のままになっています。

中学3年生は高校入試を控えているため時間的にかなり厳しい状況ですね。

ここから9月までの過ごし方が例年以上に大事になってくると思います。

KLC生は、オンラインで授業を受ける生徒もいて、これまでと違う部分もありますが、授業は例年通りのカリキュラムで進んでおります。学習進度としての遅れはありません。ただし、だからといって安心はできません。塾生にも影響は少なからずあります。

学習の反復リズムが崩れている。

塾と学校との学習進度に大きな差ができてしまったために、学習の反復リズムに狂いが生じています。

普段は、塾で学習した単元を1ヶ月以内に学校で学習することが多いのですが、今は一斉休校の影響で、実に2ヶ月以上の間隔が開いてしまっています。

反復までの期間が長くなると、一度学習した知識も忘れてしまう部分が多くなり、定着が甘くなってしまいます。

今は対策が難しい。学習リズムを整えることが先決!

では、どうすればいいでしょう?

そうです!復習をすればいいのです!みなさ~ん塾で学習した内容をしっかり復習しましょうね~!!

 

「っておいおい、それが出来たら苦労しないよ!」と突っ込みを入れられた方、多いですよね。復習は大事なのは分かっていても、なかなかどうしてこれが難しい。言って出来たら苦労しないです。

では、これはどうでしょう?

「宿題に復習内容を盛り込んで出していきます!」

いかにも保護者面談で提案しそうな内容です。

もちろん宿題で復習を促すのは有効な手立ての一つなのですが、今は少し気がかりもあります。

実は、GWに2ヶ月分の復習内容を宿題にして出して対策をしてみたのです。

しかし、結果は頭を抱えてしまいした。

予想したよりもやってきた宿題の内容が良くないのです。雑なんです。

一斉休校で学校がなかったせいでしょうか。時間はあるけれども集中して勉強が出来ていない。そんな印象を受けました。

やはり、学校生活や部活って大事なんだなとしみじみ感じています。(これについては、また別の記事で詳しく触れたいと思います。)

もちろん、宿題にも工夫をしながら出していきますが、それだけでは十分でないと感じています。

先ずは、生活のリズムを整え、学習リズムを作っていくことが第一です。

本来、4月5月の学校生活は慌ただしく、勉強面は浮足立つことも多い時期で、2ヶ月後の6月くらいから落ち着いてくるものです。ですが、今年はこの6月からスタートしたようなものですから、落ち着く頃には夏休みです。

夏休みに向かうまでと、夏休みに入ってからが大事になってきます。先ずは、定期考査に向けしっかりと学習をサポートして参ります。

 

中川