【一斉休校の影響 】学校が再開されて、高校3年生の今。やるべきことを決める!これが大事!

ふんわり、ゆらゆら、ぼーっと・・・。

 3ヶ月に及ぶ学校の休校がもたらしたものは、学習進度の遅れといった物理的なものだけではありません。実は、私が最も気にしているのは、生徒のどこかふんわりして漂っているような雰囲気なんです。

燃え尽きるどころか燃えることすら失う結果に・・・。

高校3年生は、本来ならば、6月は部活動の引退時期です。ですが、今年は大会自体が中止になり、燃え尽きるどころか燃える前に終わりました。塾に来る生徒は、部活動にすべてをかけている感じではありませんが、それでもこれまでやって来た訳ですから、突然の引退には戸惑います。しかも、学校は休校中ですから、友達とそれについて話す時間もなく、気持ちを共有することすら難しい。世の中、色々なものがオンラインになっていますが、さすがにこればかりはオンラインに出る幕はないです。

どうやって伝える?(悩)

こういった状況にありながらでも、もちろん生徒は勉強しています。ただ、どこか集中できていない気が私はしています。先日、授業の中で、夏期講習の案内をしました。同時に、夏の学習の大切さを改めて伝えなければなりません。

どういった言葉をかけたらよいか?

私は思い切って、思うままにそのまま伝えました。

「今のみんなは勉強していない訳ではないだろう。ただ、先生から見たら例年の3年生より集中できていないように感じている。みんなを責めている訳ではない。今まで誰も経験したことのない時間を過ごしたのだから仕方ないとも思うが、それでも先生の目にはそう映る。だから、何となく勉強するのではなく、この夏をどう過ごすのか?夏に向けて今から何をやっていくのか?それを考える!分からない場合は相談に乗るから言っておいで。」と。

我々に出来る事はサポートだけ。

高校3年生が、今の状態を打開するには、生徒自身が、今の自分がどういった状況にあるかを把握し、それを解決するために何を行っていくのかを計画し、実行していく。そして、我々は、今の状況を客観的に伝え、学習方法の選択肢を与え、決定させ、声をかけ励ます。それしかないと思っています。

それでも少しずつ明るくなってますよ!

それでも、学校が再開されて2週間が経ち、少しずつ生徒の顔は明るくなってきています。やはり、学校生活は大事なんだなと改めて思います。先日、朝日高校のバスケット部で3年生の引退イベントがあったようですが、これはありがたかったですね。生徒自身にとって、部活動の終わりがはっきりしましたから。全然違います。翌日の顔が、それとなくスッキリしたように見えたのが印象的でした。

まぁ、生徒は私の授業を欠席してしまいましたが…(笑)

そんなのはいいんです。しっかり切り替えれたら、すぐに取り返せますから。

とくかく、夏に向けて、しっかり生徒と話をしていきたいと思います!ご家庭での学習が上手くいってない場合は、ぜひKLCへご相談ください!

 

中川

 

 

 

 

【一斉休校の影響】岡山の高校生はいま?これから夏に向けどんな勉強をしていけばよい?(学習進度・後編)

一斉休校による影響について、遅れが叫ばれる学習進度についての後編です。

高校生は個人差が激しい。

高校生は、各高校について対応が様々でした。動画を配信し、それを観て予習の補いをする高校もありましたが、ほとんどが登校日にまとめて基礎知識のみを一気に伝え、それを基に各自に予習を課すといった内容です。

予習ですから、生徒によって定着度に大きく差がついているのは仕方ありません。それを踏まえて各高校ともに、予習内容については、問題集等を利用して授業で復習を行っておられます。ただ、今後の進度の事を考えると、各高校ともにそれほど長く復習を行う時間はないように思います。

知っておいてほしい!復習授業の性質。 

 少し脱線します。ここで、知っておいて頂きたいのは、問題集等を使っての演習中心の授業は、学習してきた事を実践する(アウトプット)ことが目的であって、新たな知識を学習する(インプット)ことが目的ではありません。つまり、基になる知識が十分でなければ効果は少ないです。

KLCの授業が学力別になっているのも、学力層に応じて知識を入れ直す程度が異なるのも理由の一つで、QAのような個人別の補習時間を設けている理由でもあります。

お尋ねしたいのは、「しっかり予習しましたか?」ということです。

はっきり言うと、予習の段階であまり理解できていないのであれば、問題集を使った授業でそれが大きく改善されることは少ないです。どうしても理解できない場合は、復習授業の前に先生に質問するなり、塾を利用するなどの対策をしてください。

高1・高2生は、学習進度よりも定着を優先!

 学習進度の話に戻ります。各高校ともに、学習進度は遅れが響かないように工夫されると思います。ですから、高校1年生・2年生は、学習進度を気にすることはやめておきましょう。それよりも進度よりも知識の定着度の方を優先させて下さい。

やはり短時間で多くの内容を伝えることになるため、全体的に知識を定着させるための演習時間は圧倒的に不足してます。夏休みは短いですが、やはり夏の時期に演習時間を確保する必要があります。また、苦手科目においては、苦手意識を加速させる可能性が高いため、早急に対策をしてください。

特に、高校1年生は、本来なら高校生活に慣れ始める6月に、高校生活が始まる形になりますので、慣れ始める8月には必ず復習を入れる必要がありますね。

高3生は、理系の2次試験対策が必要!

 高校3年生は、理系科目の学習進度への影響が心配です。元々、理科は受験までのカリキュラムに余裕がありませんから、補習するにしてもやはり詰め込み感は強くなります。

入試日程の変更などの話も出ていますが、理系選択者にとって、数学Ⅲや理科などの科目は2次試験に向けた演習量の確保が必要になります。これから、9月までの勉強が本当に大事です。

部活動が中途半端に終わってしまったり、一斉休校で生活のリズムが乱れてしまったり、切り替えは難しいですが(これについては、また別の記事で触れたいと思います。)、せめて塾として、生徒がやるべき事に迷わないよう学習の方向付けをしていきたいと思います。

小学生の受験は、学習進度に影響なし。

一斉休校の小学生の受験に対する影響は、学習進度という観点でいえば、通塾している限りはほぼないと言えます。ただし、新型コロナウイルスの影響は、学習進度だけではなく、学習意欲や学習習慣にも及んでいますので、その点については、中学生や高校生を含め別記事でお話ししたいと思います。

 

中川

【一斉休校の影響】岡山の中学生の勉強はどれくらい遅れてる?いまやるべきことは何なのか?(学習進度・前編)

校舎にやってく生徒も制服姿が多くなってきました。一斉休校が始まったのが3月。6月になり制服も冬服から夏服に変わりましたが、例年以上に制服の白さがまぶしく感じてしまいます。今週からは、短縮授業から通常授業へと戻している学校も多く、少しずつではありますが、生徒たちも日常を取り戻しつつあります。とはいえ、3ヶ月にも及ぶ休校や各種行事の中止は生徒たちに大きな影響を与えてしまいました。その影響について、私が感じていることをテーマごとに、いくつか分けてお伝えしていきたいと思います。

今回は、一斉休校によって遅れているとされる学習進度についてお話します。

大きな学習進度の遅れが目立つ中学生…。

 まず、学習進度の遅れが最も生じているのは中学生。公立の中学校のほとんどが4月の状態のままになっています。

中学3年生は高校入試を控えているため時間的にかなり厳しい状況ですね。

ここから9月までの過ごし方が例年以上に大事になってくると思います。

KLC生は、オンラインで授業を受ける生徒もいて、これまでと違う部分もありますが、授業は例年通りのカリキュラムで進んでおります。学習進度としての遅れはありません。ただし、だからといって安心はできません。塾生にも影響は少なからずあります。

学習の反復リズムが崩れている。

塾と学校との学習進度に大きな差ができてしまったために、学習の反復リズムに狂いが生じています。

普段は、塾で学習した単元を1ヶ月以内に学校で学習することが多いのですが、今は一斉休校の影響で、実に2ヶ月以上の間隔が開いてしまっています。

反復までの期間が長くなると、一度学習した知識も忘れてしまう部分が多くなり、定着が甘くなってしまいます。

今は対策が難しい。学習リズムを整えることが先決!

では、どうすればいいでしょう?

そうです!復習をすればいいのです!みなさ~ん塾で学習した内容をしっかり復習しましょうね~!!

 

「っておいおい、それが出来たら苦労しないよ!」と突っ込みを入れられた方、多いですよね。復習は大事なのは分かっていても、なかなかどうしてこれが難しい。言って出来たら苦労しないです。

では、これはどうでしょう?

「宿題に復習内容を盛り込んで出していきます!」

いかにも保護者面談で提案しそうな内容です。

もちろん宿題で復習を促すのは有効な手立ての一つなのですが、今は少し気がかりもあります。

実は、GWに2ヶ月分の復習内容を宿題にして出して対策をしてみたのです。

しかし、結果は頭を抱えてしまいした。

予想したよりもやってきた宿題の内容が良くないのです。雑なんです。

一斉休校で学校がなかったせいでしょうか。時間はあるけれども集中して勉強が出来ていない。そんな印象を受けました。

やはり、学校生活や部活って大事なんだなとしみじみ感じています。(これについては、また別の記事で詳しく触れたいと思います。)

もちろん、宿題にも工夫をしながら出していきますが、それだけでは十分でないと感じています。

先ずは、生活のリズムを整え、学習リズムを作っていくことが第一です。

本来、4月5月の学校生活は慌ただしく、勉強面は浮足立つことも多い時期で、2ヶ月後の6月くらいから落ち着いてくるものです。ですが、今年はこの6月からスタートしたようなものですから、落ち着く頃には夏休みです。

夏休みに向かうまでと、夏休みに入ってからが大事になってきます。先ずは、定期考査に向けしっかりと学習をサポートして参ります。

 

中川

合格するインプットとアウトプットの比率とは?

みなさんこんにちは!!
小6、中3、高3の受験学年は本番まで半年を切りました。
それぞれが自分を追い込み…知識、実力を仕上げていかなくてはならない大切な時期ですが、ではどうやって何をやったらいいのでしょうか…?

 この追い込みの時期の過ごし方、とりわけ<過去問の取り組み方>の中に、効果が出る勉強法のヒケツが集約されていますので今日はこれについて書きます。

私が担当している小6の受験生には夏ごろから
「合格する子は、入試問題の過去問をやりこんだ子だ!」
「これ(過去問演習)ヌキにして合格は絶対にありえない!!」
と話しています。
過去問演習というのは、勉強においてアウトプット(出力)に当たります。

結構多くの方が「勉強ってインプット(入力)すること」と誤解しているのですが、インプットだけでは実力はアップしません。アウトプットをしっかりやってこそインプットした知識が定着し、実力がアップするのです。
逆に言うと、塾に通っていてもなかなか成績が上がらない人というのは、アウトプットの量、質に問題があるケースがほとんどです。
(インプットに問題がある場合もありますがここでは割愛します)

【1】そもそも勉強の『インプット』と『アウトプット』って?

「インプット」とは「入力」のこと。元々、電気回路に与えられる電気信号とか、コンピュータに情報をデータとして与えることを意味します。


勉強におけるインプットとは、知識や情報などを頭に入れていくことになります。
その具体例としては、
・授業・解説を聴く
・参考書や教科書を読む
・暗記をする
・インターネットで有益な情報を見る
などです。

一方、「アウトプット」とは「出力」。
「インプット(入力)によって得た知識から成果物を作ること(出力)」
を指します。
勉強におけるアウトプットの具体例は、
・習ったことをノートにまとめる
・覚えたことを使って問題演習をする
・テストをする
・人に何かを教える
・発表や意見をする
などです。

【2】アウトプットと記憶の関係

繰り返しますが、勉強して実力を上げるためにはアウトプットが必要不可欠です。なぜならアウトプットを通して知識が記憶として定着していくからです。
そもそも脳には記憶を整理する機能が備わっていまして、人間が生きていくために必要な記憶とそうでない記憶を選別してくれるのです。つまり、使わない記憶は消去(忘却)するようになっているのです。

たとえばあなたはおとといの晩御飯を覚えていますか?
また1週間前の晩御飯はどうでしょう?

多くの人は覚えていないと思います()
このように使われない記憶は忘れてしまうんです。
逆にいえば、覚えたいことは必ずアウトプットして使う必要があるんです。

つまりいくら高い教材や参考書を見たり、塾や補習に通ったところで、このインプットとアウトプットがかみあっていなければ全く意味が無く、効率はゼロ!と言ってもよいでしょう。せっせと時間と費用をつぎ込んでも無駄になってしまいます。そんなの最悪ですよね。

【3】勉強における理想的なインプット/アウトプット比率

勉強法に関する有名な書『脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!』にてインプットとアウトプットの比率に関する実験が紹介されています。

コロンビア大学のアーサー・ゲイツ教授の実験で、
ある名簿に書かれた人物たちのプロフィールを小3~中2までの100人以上の子供たちに覚えさせて暗唱させるという実験で、「覚える時間」と「練習する時間」の割合をグループ毎に変えて指示したというものです。

その結果、最も高い結果を残したのは、約30%40%を覚える時間に費やしたグループだったのです。学年が低い方では40%側で、学年が高くなるほど30%に近くなったそうです。

この結果から、

インプットとアウトプットの理想的な比率は3:7というのが世界的にもメジャーな説となっています。

「へー、3:7か・・・。」とインプットしていただけました?笑

7÷3≒2.3ですから、インプット1に対して、2倍強のアウトプットの量、時間が必要ということです。
コロンビア大学の先生はこの3:7という比率を時間で出したのですが、現実の勉強時間にそのまま時間で置き換える際には少し注意が必要です。
なぜならアウトプットにかかる時間は個人差がありますし、2回目、3回目になれば時間はどんどん短縮していくからです。

つまり、ある問題の解説を授業で30分受けたら、その類題を解くアウトプットのために必ず70分机についていなくてはならないかというとそうではありません。
どちらかというと、
「インプット1問に対して解き直しや類題を7÷3≒2.3つまり2回(2問)強⇒切り上げて3回(3問)やる」
という、回数での目安が正しい姿を表していると私は思います。

ただしこの「1問に対して3回アウトプット」も個人差があることはご承知おきください。あなたはひょっとしたら2回でマスターできる人かもしれませんし、あるいは5回必要かもしれません。科目、単元によって必要な回数が異なることも当然あるでしょう。

また、世の中にはインプット1回ですぐに使いこなしてしまう、アウトプットがほとんど不要な天才=異能な人もいますが、おそらくあなたはそういうタイプでない可能性が統計的に非常に高いです。KLCセミナー本部長が申すには「そういう生徒は過去に2人しか会ったことがなく、2人とも東京大学医学部に行った」とのことですから。

【4】スポーツにおけるインプット/アウトプット

勉強以外の例ということで、私が大好きなテニスについて書かせてください。
テニスの練習過程で
<イ
ンプット>に当たるのが、
打ち方や体の使い方の指導を受け、素振りをしたり球出しメニュー
をしたりすること。
一方、
<アウトプット>に当たるのが、
相手との実戦的なラリーや、実際の試合
になります。

私が過去40年のテニスキャリアを振り返ると、ごく稀に必要なアウトプットの時間が極端に少ない天才的な人たちに出くわしましたが、
99%以上のほとんどすべての人は正しいインプットに加えてそれ以上にアウトプットの時間を積まないとレベルアップしていかないことは動かし難い真理でしょう。

テニスに関してこんなことも言えると思います。
インプットだけでは勝てない>
市中のテニススクールの中には「汗をかくこと」を目的としているため、インプット(球出しメニューのレッスン)だけで満足される生徒さんもいます。⇒残念ながらこういった思考の人は試合で勝てる強さを得ることはまずありません。(ただ、本人の目的には適っているので問題はありませんが)

<時間でなく質が重要>
部活の他校との試合では、どちらの部も毎日練習=インプットもアウトプットもしているのにすごく差がつきますね。これはインプットの質の差によるもの。正しいインプットはその後のアウトプットの効果を左右します。間違ったフォーム(インプット)でいくら試合形式の練習(アウトプット)を積んでも勝てるようにならないのはテニスに限った話ではありませんよね。アウトプットしながらも、定期的にインプットでフォームの確認や戦略の学習を行っていくことが成長を加速させます。…これは勉強も全く同じです。

【5】合格のための過去問演習の仕方

中学受験をする小6について言いますと、毎年過去問を〇年分(かなりの年数)あげています。
通常授業がインプットに当たり、過去問演習1回目はアウトプット1回目になります。でもそれだけではアウトプットが足りない訳ですね。間違えた箇所の原因を明らかにして理解した上で(これもインプットになります)、アウトプット2回目、3回目と、インプットをはさみながら解き直しをしていくことで知識・記憶を定着、増強させていく。

振り返れば、倍率3〜4倍という難関を突破して志望校に合格する生徒たちはみな、その〇年分という膨大な過去問を3回はこなしていました。

逆に通常授業の宿題に追われて過去問まで手が回らない生徒(どれだけ急かしても励ましても、解き直しまでたどり着かない生徒もいるのが現実です)は良い結果につながらないことが多いです。

大学受験に臨む高校3年生も同じです。
通常授業でインプットしたところで満足していては全然ダメで、記憶定着に至らず模試や本番で点数は出ないでしょう。
授業でやった問題そのもの、または類題のアウトプットを3倍(3:7)やってこそ!です。

この時期、「何をやったらいいのですか?」という質問に来る高3生もいますが、答えは明白、『アウトプット!』です。通常授業や模試の結果でウィークポイントもはっきりしているはずです。その単元のアウトプットを3倍やることです。やっていないから点につながっていないだけです!
注意点としては大学入試の科目、単元は膨大ですので、全てをインプットの3倍の時間やろうとするとかなり無理な時間になります。そこで一巡目のアウトプットの結果、できなかった箇所を絞り込んで二巡目をやるとか、早期に志望校を決めて受験科目を絞り込むなどでアウトプットの時間を減らし、効率的な時間配分をすることが必要になります。

いずれにせよ、
「やればできる!」とは、
「アウトプットやれば本番でもできるようになる」

ということ!

良質なアウトプットの比率を上げて知識定着、実力アップ⇒合格!につなげていきましょう!
長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

             倉敷校 M
==========================================
【保護者の方へ】
すでに説明会でご案内させていただいている中1中2への11月からのICTを利用した新学習システムの導入(反転学習)は今回記事にしたインプットとアウトプットの比率と質の改善に大きく寄与します。
詳しくは説明会、またはお問い合わせくださいませ。
 

どれだけ勉強したかではなく、どれだけ点数が取れたか

高校入試の発表や国公立の二次試験も終了し、今年度の受験もようやく終わりを迎えました。

倉敷校に来てから一年間高校3年生もメインに担当していたこともあって、何人もの生徒が合格報告に来てくれました。
この仕事に就いてから9年目になりますが、生徒が合格し喜ぶ瞬間というのは毎年の楽しみであり、この仕事をやってて良かった!と思うときでもあります。
しかし、当然ながら合格する生徒もいれば不本意な結果で終わる生徒もいます。

受験は厳しい戦いです。どれだけ勉強したか、ではなく試験当日の点数によって勝負が決まってしまいます。
現役生の皆さんは日ごろから常に点数を意識すること、そのためにチェックテストや中テストをして、点数を出しています。
点数が悪かったときは自分の学習が誤っている証拠。このままでは受験に合格しないよというサインでもあります。

日ごろの学習やKLCの授業を受けて、点数が悪かったときは自分の学習内容を修正していき、しっかり結果が残るような学習が出来るようにしていきましょう。

今週からはいよいよ春期講習が始まります。
春期講習では今までの学習の復習がメインとなります。習ってきたことがしっかり定着できているか春期講習で確認をして、自分の学習の修正をしていきましょう。

倉敷校 平林