合格するインプットとアウトプットの比率とは?

みなさんこんにちは!!
小6、中3、高3の受験学年は本番まで半年を切りました。
それぞれが自分を追い込み…知識、実力を仕上げていかなくてはならない大切な時期ですが、ではどうやって何をやったらいいのでしょうか…?

 この追い込みの時期の過ごし方、とりわけ<過去問の取り組み方>の中に、効果が出る勉強法のヒケツが集約されていますので今日はこれについて書きます。

私が担当している小6の受験生には夏ごろから
「合格する子は、入試問題の過去問をやりこんだ子だ!」
「これ(過去問演習)ヌキにして合格は絶対にありえない!!」
と話しています。
過去問演習というのは、勉強においてアウトプット(出力)に当たります。

結構多くの方が「勉強ってインプット(入力)すること」と誤解しているのですが、インプットだけでは実力はアップしません。アウトプットをしっかりやってこそインプットした知識が定着し、実力がアップするのです。
逆に言うと、塾に通っていてもなかなか成績が上がらない人というのは、アウトプットの量、質に問題があるケースがほとんどです。
(インプットに問題がある場合もありますがここでは割愛します)

【1】そもそも勉強の『インプット』と『アウトプット』って?

「インプット」とは「入力」のこと。元々、電気回路に与えられる電気信号とか、コンピュータに情報をデータとして与えることを意味します。


勉強におけるインプットとは、知識や情報などを頭に入れていくことになります。
その具体例としては、
・授業・解説を聴く
・参考書や教科書を読む
・暗記をする
・インターネットで有益な情報を見る
などです。

一方、「アウトプット」とは「出力」。
「インプット(入力)によって得た知識から成果物を作ること(出力)」
を指します。
勉強におけるアウトプットの具体例は、
・習ったことをノートにまとめる
・覚えたことを使って問題演習をする
・テストをする
・人に何かを教える
・発表や意見をする
などです。

【2】アウトプットと記憶の関係

繰り返しますが、勉強して実力を上げるためにはアウトプットが必要不可欠です。なぜならアウトプットを通して知識が記憶として定着していくからです。
そもそも脳には記憶を整理する機能が備わっていまして、人間が生きていくために必要な記憶とそうでない記憶を選別してくれるのです。つまり、使わない記憶は消去(忘却)するようになっているのです。

たとえばあなたはおとといの晩御飯を覚えていますか?
また1週間前の晩御飯はどうでしょう?

多くの人は覚えていないと思います()
このように使われない記憶は忘れてしまうんです。
逆にいえば、覚えたいことは必ずアウトプットして使う必要があるんです。

つまりいくら高い教材や参考書を見たり、塾や補習に通ったところで、このインプットとアウトプットがかみあっていなければ全く意味が無く、効率はゼロ!と言ってもよいでしょう。せっせと時間と費用をつぎ込んでも無駄になってしまいます。そんなの最悪ですよね。

【3】勉強における理想的なインプット/アウトプット比率

勉強法に関する有名な書『脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!』にてインプットとアウトプットの比率に関する実験が紹介されています。

コロンビア大学のアーサー・ゲイツ教授の実験で、
ある名簿に書かれた人物たちのプロフィールを小3~中2までの100人以上の子供たちに覚えさせて暗唱させるという実験で、「覚える時間」と「練習する時間」の割合をグループ毎に変えて指示したというものです。

その結果、最も高い結果を残したのは、約30%40%を覚える時間に費やしたグループだったのです。学年が低い方では40%側で、学年が高くなるほど30%に近くなったそうです。

この結果から、

インプットとアウトプットの理想的な比率は3:7というのが世界的にもメジャーな説となっています。

「へー、3:7か・・・。」とインプットしていただけました?笑

7÷3≒2.3ですから、インプット1に対して、2倍強のアウトプットの量、時間が必要ということです。
コロンビア大学の先生はこの3:7という比率を時間で出したのですが、現実の勉強時間にそのまま時間で置き換える際には少し注意が必要です。
なぜならアウトプットにかかる時間は個人差がありますし、2回目、3回目になれば時間はどんどん短縮していくからです。

つまり、ある問題の解説を授業で30分受けたら、その類題を解くアウトプットのために必ず70分机についていなくてはならないかというとそうではありません。
どちらかというと、
「インプット1問に対して解き直しや類題を7÷3≒2.3つまり2回(2問)強⇒切り上げて3回(3問)やる」
という、回数での目安が正しい姿を表していると私は思います。

ただしこの「1問に対して3回アウトプット」も個人差があることはご承知おきください。あなたはひょっとしたら2回でマスターできる人かもしれませんし、あるいは5回必要かもしれません。科目、単元によって必要な回数が異なることも当然あるでしょう。

また、世の中にはインプット1回ですぐに使いこなしてしまう、アウトプットがほとんど不要な天才=異能な人もいますが、おそらくあなたはそういうタイプでない可能性が統計的に非常に高いです。KLCセミナー本部長が申すには「そういう生徒は過去に2人しか会ったことがなく、2人とも東京大学医学部に行った」とのことですから。

【4】スポーツにおけるインプット/アウトプット

勉強以外の例ということで、私が大好きなテニスについて書かせてください。
テニスの練習過程で
<イ
ンプット>に当たるのが、
打ち方や体の使い方の指導を受け、素振りをしたり球出しメニュー
をしたりすること。
一方、
<アウトプット>に当たるのが、
相手との実戦的なラリーや、実際の試合
になります。

私が過去40年のテニスキャリアを振り返ると、ごく稀に必要なアウトプットの時間が極端に少ない天才的な人たちに出くわしましたが、
99%以上のほとんどすべての人は正しいインプットに加えてそれ以上にアウトプットの時間を積まないとレベルアップしていかないことは動かし難い真理でしょう。

テニスに関してこんなことも言えると思います。
インプットだけでは勝てない>
市中のテニススクールの中には「汗をかくこと」を目的としているため、インプット(球出しメニューのレッスン)だけで満足される生徒さんもいます。⇒残念ながらこういった思考の人は試合で勝てる強さを得ることはまずありません。(ただ、本人の目的には適っているので問題はありませんが)

<時間でなく質が重要>
部活の他校との試合では、どちらの部も毎日練習=インプットもアウトプットもしているのにすごく差がつきますね。これはインプットの質の差によるもの。正しいインプットはその後のアウトプットの効果を左右します。間違ったフォーム(インプット)でいくら試合形式の練習(アウトプット)を積んでも勝てるようにならないのはテニスに限った話ではありませんよね。アウトプットしながらも、定期的にインプットでフォームの確認や戦略の学習を行っていくことが成長を加速させます。…これは勉強も全く同じです。

【5】合格のための過去問演習の仕方

中学受験をする小6について言いますと、毎年過去問を〇年分(かなりの年数)あげています。
通常授業がインプットに当たり、過去問演習1回目はアウトプット1回目になります。でもそれだけではアウトプットが足りない訳ですね。間違えた箇所の原因を明らかにして理解した上で(これもインプットになります)、アウトプット2回目、3回目と、インプットをはさみながら解き直しをしていくことで知識・記憶を定着、増強させていく。

振り返れば、倍率3〜4倍という難関を突破して志望校に合格する生徒たちはみな、その〇年分という膨大な過去問を3回はこなしていました。

逆に通常授業の宿題に追われて過去問まで手が回らない生徒(どれだけ急かしても励ましても、解き直しまでたどり着かない生徒もいるのが現実です)は良い結果につながらないことが多いです。

大学受験に臨む高校3年生も同じです。
通常授業でインプットしたところで満足していては全然ダメで、記憶定着に至らず模試や本番で点数は出ないでしょう。
授業でやった問題そのもの、または類題のアウトプットを3倍(3:7)やってこそ!です。

この時期、「何をやったらいいのですか?」という質問に来る高3生もいますが、答えは明白、『アウトプット!』です。通常授業や模試の結果でウィークポイントもはっきりしているはずです。その単元のアウトプットを3倍やることです。やっていないから点につながっていないだけです!
注意点としては大学入試の科目、単元は膨大ですので、全てをインプットの3倍の時間やろうとするとかなり無理な時間になります。そこで一巡目のアウトプットの結果、できなかった箇所を絞り込んで二巡目をやるとか、早期に志望校を決めて受験科目を絞り込むなどでアウトプットの時間を減らし、効率的な時間配分をすることが必要になります。

いずれにせよ、
「やればできる!」とは、
「アウトプットやれば本番でもできるようになる」

ということ!

良質なアウトプットの比率を上げて知識定着、実力アップ⇒合格!につなげていきましょう!
長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

             倉敷校 M
==========================================
【保護者の方へ】
すでに説明会でご案内させていただいている中1中2への11月からのICTを利用した新学習システムの導入(反転学習)は今回記事にしたインプットとアウトプットの比率と質の改善に大きく寄与します。
詳しくは説明会、またはお問い合わせくださいませ。
 

どれだけ勉強したかではなく、どれだけ点数が取れたか

高校入試の発表や国公立の二次試験も終了し、今年度の受験もようやく終わりを迎えました。

倉敷校に来てから一年間高校3年生もメインに担当していたこともあって、何人もの生徒が合格報告に来てくれました。
この仕事に就いてから9年目になりますが、生徒が合格し喜ぶ瞬間というのは毎年の楽しみであり、この仕事をやってて良かった!と思うときでもあります。
しかし、当然ながら合格する生徒もいれば不本意な結果で終わる生徒もいます。

受験は厳しい戦いです。どれだけ勉強したか、ではなく試験当日の点数によって勝負が決まってしまいます。
現役生の皆さんは日ごろから常に点数を意識すること、そのためにチェックテストや中テストをして、点数を出しています。
点数が悪かったときは自分の学習が誤っている証拠。このままでは受験に合格しないよというサインでもあります。

日ごろの学習やKLCの授業を受けて、点数が悪かったときは自分の学習内容を修正していき、しっかり結果が残るような学習が出来るようにしていきましょう。

今週からはいよいよ春期講習が始まります。
春期講習では今までの学習の復習がメインとなります。習ってきたことがしっかり定着できているか春期講習で確認をして、自分の学習の修正をしていきましょう。

倉敷校 平林

【英語】長文読解ができない原因Top3

高校生が大学受験で苦戦する内容のひとつに英語の「長文読解」があります。

何事にも「できないものには理由がある」ということで、その大きな原因を3つ挙げてみましょう。

①英語も日本語でいうところの「国語」

よく耳にするのが、「自分の訳した日本語の意味が分からない」という状況です。日本語訳のチェックをしていると、単語の意味は合っているが「内容」は取れていないな、と思う解答をよく見かけます。英文全体のテーマがさっぱり取れていない状況が推測できます。

【原因】そもそも英語長文も「英語で書かれた国語」です。日本語での現代文の読解が苦手であれば、それに比例して英語長文も苦手になる傾向があります。小中学生からの国語の得意・不得意を振り返ってみてください。英語力の前に「言語力全般の源である国語力」を確認してみてください。

【対策】英語・国語と教科の壁をつくるのではなく、「言語・知識全般」の力を上げようと考えましょう。日本だけでなく世界における様々な出来事・事象に対して、「何か身になるものがあるのでは?」と考え、吸収しましょう。その知識・経験の厚みが「言語・知識全般」の力となり、読みやすい日本語訳をつくるバックボーンとなります。「ん?何か話が壮大だな」と感じるでしょう。そうです、短くてもいいのでいろいろな文章を読み続けて、様々な言語表現に触れてください。「この表現うまいな。覚えておこう。」と吸収することが大切です!

②読みやすい文章と読みにくい文章がある

模試のあとなどによく耳にするのが、「今回の長文は読みにくかった」という嘆きです。しかし、その原因まで把握している生徒はほぼいません。実は大体の生徒が同じようなことを感じていることが多いのです。いったいなぜなのでしょうか?

【原因】英文で取り扱う話題にも読みやすい、読みにくいという差が存在します。現代文と同じように「小説は読みやすいが評論文はちょっと…」という場合が多いです。その評論文でも、理系内容(環境・医療・科学など)はテーマがはっきりしているため読みやすいですが、文系内容(言語・文化・哲学など)は内容が抽象的で形がないため読みにくいことが多いです。「地球温暖化問題の英文か!」と気づけば読める可能性も高まるのですが、「日本語の聞き手を慮る言語特性…」となるとさっぱり意味が分からなくなるのがそれです。結局、人生経験が短いがために世の中のことに触れる機会が少なすぎるのが原因です。いろいろなことを知らないし、疑問に思ったこともないし、自分の意見を発信したこともない人がほとんどだからです。

【対策】実は、対策は①と同じです。様々な文章に触れ続けてください。そしてその時に、「この筆者の考え方はどこかで再会するかもしれないので理解して覚えておこう」と思うことが大切です。暗記ではなく「理解・吸収」ですね。自分独自の意見だけで生きている人なんていません。自分の意見のある程度は、いや大部分は触れたことのある他者の意見です。それをあたかも自分の意見であるかのように振る舞っているのです。あなたも様々な意見を自分のものにしてしまいましょう。

③英文の基本構造が分からない

やっと英語そのものの話になります。採点、添削をしていてよく見かけるのが「英文の基本構造を取れていない日本語訳」です。つまりSVOCMが正しく把握できていない日本語訳ですね。英単語の訳を並べただけで、英文構造のルールが完全無視!という答案が本当に多いのです。

【原因】SVOCMの把握が最も重要であるということを理解していないことが主因です。不定詞・動名詞・助動詞・仮定法・関係詞… さまざまな文法事項を学習し、中学内容よりも覚えることが多くて四苦八苦する生徒が本当に多い…。その多い内容を暗記するのに心を奪われてしまい、文法知識は「SVOCMを正しく把握するための道具でしかない」という視点が欠落してしまうのです。

【対策】「ん?SVOCMを把握するための道具??」という疑問を感じた人も多いでしょう。実例を紹介すると、「述語動詞は1文に1つしかないので、おまけの動詞を省く必要がある。それは“準動詞”、“従属節中の動  詞”や“関係詞節中の動詞”などが該当し、それらを除くと…」という話になります。これだけで予測がついた人は、英語力が高いので問題ありません。ブログの中だけで説明しきるのは無理がありますので、KLCの英語の授業でコツを教えてもらってください!!

英語の長文読解ができない原因Top3を書いてきましたが、すべてに共通するのは、「経験値を積まないとなかなか理解できない」という点です。それを限られた時間で習得するにはコツが必要ですので、論理を大切にするKLCの授業で時短習得してください!

大高校 井上

リスニングを制する者はスピーキングも制する

 2006年度からセンター試験にリスニングが導入されましたが、2020年度からセンター試験に代わってTOEICやTOEFL、IELTSといった一般試験を活用して受験者の英語能力を測るようになります。しかし、これらの試験は日本人を対象とした試験ではなく、世界の非英語圏の人を対象とした試験のため、現行のセンター試験のリスニングと比べると、難易度は比にならないほど上がってしまいます。

 これらの試験では、リスニング・ライティング・リーディング・スピーキングの4技能が評価の対象になるので、ライティングとリーディングを中心とした日本の英語教育では歯が立たないことは明白でしょう。

 中でも日本人が最も苦手とするスピーキング。実は、スピーキングはリスニングと切っても切り離せない存在なのです。そこで、今回はリスニングとスピーキングの両方を上達させるコツをお教えしましょう。

 みなさんが、意外と気付いていない事実があります。それは、知らない単語は聞き取れないことと、単語の正しい発音を知らないと聞き取れないということです。なので、とりあえず英語を聞けばリスニングができるという大きな勘違いをしてしまうのです。

 簡単な例を挙げてみましょう。初めて英語を勉強するとき、ローマ字と違って単語のスペルと実際の発音が異なるので、単語を暗記できないという生徒が多くいます。そして、orange のスペルを覚えるため「オランゲ」と覚えたり、「オゥレンジ」と単語の上に読み方を書いたりするのです。英語を習い始めたばかりの人や、英語の苦手な人はこの方法で一定の成果はあげられますが、リスニング力を高めるためにはこれでは不十分です。はっきり言いますね。ある程度英語の学習に慣れてきたら、この方法はやめてください。では、どうすればいいのでしょうか

 リスニング対策のために、多くのリスニング用教材が市販されています。その中で最も活用すべきものは、スクリプトとCDです。スクリプトとは、「脚本」つまりCDが読み上げている文章や会話が文字で表されているものです。活用法は次の通りです。

①何も見ずにCDを聴く
 すべての単語を聴き取る必要はありません。文章や会話の内容を断片的に聴き取るだけでOKです。

②スクリプトを見ながらCDを聴く
 聞き取ることができなかった部分を確認しながら、音声を聞いてください。

音読!!!
 これが一番大切です。最初はスクリプトを見ながらで大丈夫なので、CDに合わせて何度も音読をしてください。注意して欲しいのは、CDの音声をそっくりまねすることを意識して、何度も音読することです。声に出すことで、英語の独特のリズムやアクセント、さらには正しい発音が身につきます。音読の効果は絶大です。繰り返しているうちに、スクリプトなしで文章が話せるようになるからです。

④知らない単語の確認をする
 最後は、スクリプトに書かれた知らない単語を確認してください。音読をしてすでに正しい発音を覚えているので、スペルも意味も簡単に暗記できます。つまり、語彙力もアップするのです。

 この4つのステップを繰り返してください。気がつくと、リスニング力の向上は当然のことながら、英語の言い回しや発音が身についているので、スピーキングも苦にならないはずです。ただ、勘違いして欲しくないのですが、1週間や2週間ではマスターできません。必ず継続して行ってください。1ヶ月もすれば、違いを実感することができます。そして、以前よりもできるようになったからといって、対策をストップしないでください。皆さんは、日本語を使って生活しています。つまり、英語を活用していません。人間の脳は、オーバーヒートしないために、必要のない情報(この場合は英語)を消去する働きがあります。もうお分かりですね。継続は力なりということです。

IMG_6635

 Don’t delay. Practice now. Excuses will only delay your improvement. Good luck!

大高校 香川

数学科・数理科学科ってどんな学部?

みなさん数学科・数理科学学科にどんなイメージがありますか?123

  • 頭が良さそう。
  • 計算が得意。
  • 何の勉強をしているかわからない。
  • どうせ就職は教員でしょ。
  • 研究職につくの?

といったところでしょうか?
実際には「理系学部の中の文系だ」といわれています。なぜでしょう?

それは、理系の他学部・他学科でほぼ100%おこなわれている実験や卒業研究をおこなわないからです。
実験については「やっぱり」と思われるかもしれません。
また卒業研究においても、大学4年間での学部卒ぐらいのレベルでは知識が足りずにできないというのが理由としてあげられます。
(確率・統計系の一部ではやっているところもあります。)j2-2941-a-won

「数学科は何の勉強をしているか」を端的にいうと「計算にルールを決めて、たくさんの計算からパターンを見つける」ということをやっています。
例えば「ベクトル=矢印のこと」と高校で習いますが、実は「線形性を満たす空間のもとになっているものをベクトルという」ことを学びます。
「何を言っているのかさっぱりわからない」という声が聞こえてきそうですが、気になる人はぜひ、大学の数学科で本質を極めましょう!

このように、高校で習っていたものをよりくわしく知ることができ、ある機能は本質的にどういう性質で成り立っているのかを瞬時に見抜く能力を身につけることができます。
そのために大学の1・2年生では微積分・代数・複素関数論・集合・位相・幾何などの基礎的なものを学びます。そして、3年時以降は主に、それぞれの専門分野に分かれていきます。

 

◆就職先はどうなるの?◆

数学科・数理科学科の学生は、大学院に進学してから就職を目指す人(大学により差はありますが全体約40%)がいます。なぜでしょう?

それは、学部卒(4年間で卒業)よりも就職先が増えるからです。企業側からみると、大学院生はより高度な数学を学んでいるので、「論理的な思考」ができると思っているからです。

また、大学院進学後、教授や助教授を目指す人もいますが全体約1%ほどです

(ちなみに、私は高校時代、数学の教授を目指して大学に入りましたが予想よりも圧倒的な知識力と論理的な思考を必要とすることが分り挫折しました。)

教員・塾業界に進まれる方が最も多くいますが、それ以外の主な就職先を上げていきます。syukatsu

① 国家公務員総合職 技術職
専門科目を数学で受けることができます。専門科目が数学で受験できる唯一の公務員です。(ただし、合格者の約9割を東大・京大出身者がしめます)

② その他公務員(国家公務員 一般職・地方公務員など)
事務職等を目指します。 ※専門科目を必要としないところを受けます。

③ 金融系
大学や大学院で確率・統計を学んだ人は…

アクチュアリー(保険会社などで活躍する職種。事故や災害が起こる確率を分析し、保険料などを決める。民間資格あり、平均して5年ぐらいで取得できます)

クオンツ(投資信託会社や証券会社などで活躍する職種。市場分析やリスク分析を行い、投資銘柄の選定や商品開発を行う。専門部署であり、資格ではありません)

を目指す人も多くいます。また数字に強いということで銀行でも採用されることもあります。

④ SEなどのIT関連
大学や大学院でコンピューター関連を学んだ人が就職します。

みなさんの数学科・数理科学科のイメージは伝わりましたか。
このブログを通じ少しでも数学科に興味をもっていただけたら幸いです。

米子校 潮