月別アーカイブ: 2020年6月

高校1・2年生の定期対策

芳泉校の猪股です。

今,高校1・2年生は定期試験の勉強に励んでいるところですね。
(中には終わっている高校もありますが)

特に高校1年生は定期テストが最初の人が多いと思います。

色々な不安を解消できるよう,芳泉校では以下の日程で定期対策を行います。

また,先生が空いてる時間に質問は受け付けられます。

猪股と安田先生にかかれば即解決です。

一緒にがんばっていきましょう!

定期テストが近づいてきています

 

さて、今週は高校の定期テスト週間で、自習しに塾に来た生徒が
多かったですね!

理系の先生をはじめ、質問対応にフル回転でした!

高校生は大体今週来週あたりで終わりそうですが、次は中学生ですね。

今回の新型コロナウィルスの影響で、中間テストがない学校がほとんどかと思います。と、、なると1学期の期末テストは範囲が広い!!ということになります。
特に中学1年生の生徒は今回が初めてのテストになるでしょう。
定期テストの成績は当然内申点にも影響しますよね。

生徒と話していると1学期の期末テストは7月中旬~下旬にかけてあるようです。
と、、、いうことはテストまで3週間ほどでしょうか。

じゃあまだ時間があるじゃないか、、、とお思いの方もおられるでしょうが、
定期テストの勉強はもう始めていいころだと思います。
と、、、いうのはもう塾で先取りしているところや学校で習ってしまっている
範囲のワークは取り組むことができますよね・・・??

今までこんな経験はなかったでしょうか。
・・・範囲表が配られて(テストの1週間前)初めて勉強してしまって、習熟度が中途半端、点数も中途半端、提出物も中途半端・・・

これだと、内申点は思うように付かないケースが多いと思います。
特に、提出物が提出できていかったり、不備があったりするとテストの結果が良くても、内申点の数字が思ったものではないことが多いのです。

ですので、

定期テストに向けての勉強は今から!!始めていきましょう!
何からしたらいいか分からない生徒は相談しに来てくださいね。

 


さて、KLCセミナーの夏期講習はチェックしていただけたでしょうか!?!?
新型コロナウイルスの影響で遅れた学習、身につかなかった学習は、
この夏!取り戻していきましょう!!
↓↓↓
https://www.klc-seminar.com/summer/

 

日常からの学び

「いってきます。」

「いってらっしゃい。」そんな声を望んでいるのではない。習慣となってしまった挨拶を済ませ、物言わぬ我が家をあとにする。

白いほどに冴え返った陽光に目を細め、天を仰ぎ・・・

「あっついなもう。日焼けする!!」

そうです。がやってきますね。

梅雨入りし、じめじめとした日々がやってきたと思ったら、なんと6月ももう終わってしまうではありませんか。「ゴーヤの成長と月日の流れは早い。」と昔誰かから聞いたことがありますが、その通りだなと思います。

校舎の花壇に植えられたヒマワリもすくすくと成長しています。夏の到来を待ちわびているようですね。おや・・・・?おやおや???

葉っぱが食べられている・・・。

誰だ!!スタッフ全員で大切に育てていたのに!!!見つけて小一時間説教してやる!!そう憤っていたところ、

とっても美味しかったんじゃろうな。良い花という証拠じゃろ。」そんな声が聞こえてきました。声の主は苗を植えてくれた古川先生でした。

古川先生は自分が植えた花が食べられて悲しくないのかな。

そう思うとともに「素敵な考え方だな」と思いました。虫の立場にたって考えてみると、美味しそうなものが目の前にあれば口にしたくなりますよね。

日常の些細な出来事から、「物事を多面的・多角的に捉える」ことの重要性を再認識することができたように思います。ありがとうねバッタさん。

 

日常生活の中で「あたりまえ」になってしまっていることに目を向けると、意外と知らないことで溢れていますよね。電球ってどういう原理で光っているのかな?冷蔵庫の仕組みって?冷たい水をコップに注ぐと外側に水滴がつくのはなんでだろう?

小学生の時「〇〇のしくみ」という本を読み、日常の疑問を解決した人も多いのではないでしょうか。

勉強がしんどいと思ったときは、初心に戻り興味のある疑問について調べてみるのも気分転換になると思います。

「なんで?」「どうして?という知的好奇心を大切にしていきましょうね。

私は「なんで格好つけて小説のような書き出しにしてしまったのだろう。」という自問自答から始めたいと思います。

西丸

英語が通じる国々②「アメリカ」

世界中の多くの国で話されている「英語」。英語を使うことで様々な国の人たちとコミュニケーションをとることができます。今回も英語が話されている国を紹介します。
<基本情報>
・正式名称:アメリカ合衆国 United States of America
アメリカという名前は、イタリアの探検家でアメリカ大陸を確認したアメリゴ・ベスプッチのファーストネームから取ったもの。
・面積:約962万8000km2(日本の約25倍)
・人口:約3億2896万人
・首都:ワシントン特別行政区(ワシントンD.C.)
・アメリカはヨーロッパ系、アフリカ系、アジア系、先住民族(ネイティブアメリカン)などからなる、多民族国家。近年は、「ヒスパニック」と呼ばれるスペイン語を話す中南米からの移民が増えている。
・アメリカは「世界の食料庫」と呼ばれるほど多くの農作物を輸出している。また「適地適作」が基本で、それぞれの地域の気候や土壌にあった農作物を生産している。
・北緯37度以南の工業地域「サンベルト」ではハイテク産業がさかん。またサンフランシスコ近郊にある、サンノゼ付近は、コンピュータ産業がさかんで「シリコンバレー」と呼ばれている。
<アメリカ合衆国はどんな国?>
・スポーツでは、野球(MLB)、アメリカンフットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)、アイスホッケー(NHL)が4大スポーツと呼ばれ、とても人気がある。近年では、日本人選手も活躍しており、野球のイチロー選手や大谷翔平選手、バスケットボールの八村塁選手らが有名。
・音楽のジャズは、アフリカ音楽とヨーロッパ音楽の両方の文化をもとにして、アメリカで生まれた音楽である。ベニー・グッドマン、マイルス・デイヴィス、ビル・エバンスなどが有名。
・ロサンゼルスにあるハリウッドを中心に映画産業が盛ん。ディズニー、スターウォーズ、ジュラシックワールド、ロード・オブ・ザ・リングなど有名なものがズラリ。
・衣服のジーンズやTシャツは、もとはアメリカでの労働者の衣服であり、それが世界に広まった。
・アメリカ本土だけでも4つの時間帯がある。東部時間、中部時間、山岳部時間、太平洋時間がそれで、西海岸と東海岸では3時間の時差がある。
・アメリカでは、毎年11月の第4木曜日がサンクスギビング・デー(感謝祭)。秋の収穫を祝う伝統行事で、学校も会社もお休みになる。感謝祭では家族や友だちが集まって、ターキー(七面鳥)の丸焼きを食べるのが習慣。
・どんなに多忙であっても、週末にみんなで遊びに出かけたり、食事を一緒に食べたりと、家族で共に過ごす時間を大事にする。
・日本では無料で救急車を呼べるが、アメリカでは救急車は有料。
・日本と違って洗濯物を外干しする習慣がなく、それどころか景観を損ねるという理由で、法律で外干しを禁止している州も少なくない。
・アメリカ合衆国は多民族国家であり、「人種のサラダボウル」と言われる。19世紀のリンカーン大統領の時代 に奴隷制が廃止され、黒人などの奴隷は開放された。だが、その後も、権利が白人とは同じではなく、公共施設や乗り物などでは、黒人は白人とはちがう扱いをうけるなど、黒人への差別はつづいた。黒人に、白人と同じ公民権が公民権法によって与えられたのは1964年である。それまでは、黒人と白人の権利は対等ではなかった。今日では、奴隷の制度は廃止されているので、アメリカの黒人は奴隷では無い。しかし、現在でも白人と黒人との間で経済的な格差や差別があると言われている。

ジェネレーションギャップ

こんにちは!御南校の竹本です。

最近、気温が高くなり御南校では給水機が大活躍しています。

生徒の皆さんは熱中症にならないよう適度に水分補給をしましょう

 

ところで、私は休憩中に生徒と会話をするのですが、一種のジェネレーションギャップを感じることがあります。私と生徒との年齢差は約10歳差なので、当然のことと言えば、当然ですが、生徒との会話で改めてそれを感じることがあります。(10歳差かぁ~、、、苦笑)

例としては、漫画などの趣味の話や学校生活の話など、様々な内容です。自分の学生時代の話をしたりすると、ちょっと盛り上がったりしました。

普段、授業で生徒に教えている反面、他愛もない生徒との会話から色々教わるものもあるのだなと感じました。

まだ御南校に来てから2ヶ月ほどですが、新たな発見もできて毎日がとても刺激的です。

これからもブログを通して、御南校の日常をお伝えしますので、今後もよろしくお願いします。

御南/竹本