日別アーカイブ: 2020年10月2日

頭のなかの金魚

この頃流行りの男の子~♪

お顔の大きな男の子~♪

こっちを向いてよニシマル(やや早口で)~♪

(注:安心してください。不審者ではありません。)

突然ですが、頭に残る曲ってありますよね。好きでよく歌う曲であったり、懐かしい曲をふと思い出したり、流れる曲は様々ですよね。

では皆さん、ふとした瞬間に頭に響くそのメロディに生活を邪魔されたことはありませんか?私は崖の上のポニョにしてやられたことがあります。

 

あれは、センター試験英語のリスニング開始待っていたときのことです。

西丸「緊張する~。英語で点数稼がないといけないからな。頑張らなきゃ。」

頭のなか(・・・・・・・・・~~~♪♪

西丸「!?!?!?!?!!?!?!?」

頭のなか(青い海から~~やあてきたぁ~~~~♬

西丸「くそっ!!こんな大事なときに!!とまれとまれとまれ!!」

頭のなか「ぽーにょぽーにょぽにょ。ふくらんだ~♬

試験監督「それではリスニング試験を開始します。」

西丸「集中しなきゃ。ポニョやめて!お願い俺のなかのポニョ静まって!!」

 

 

 

西丸「まんまーるお腹の~女の子~♬

 

こんにちは、案の定リスニングでケアレスミスをした西丸です。あれ以来ポニョの話を耳にするたびに胸がざわつきます。

冒頭の話はよく生徒にも話す内容です。この話には続きがあります。

「よく耳にする曲や好きな曲っていつのまにか覚えてしまうし、なかなか忘れないよね。

「じゃあなんで覚えたい単語や漢字はなかなか覚えられないんだろう。」

「流れている曲と英単語だと、覚える時間は圧倒的に英単語の方が多いはずだよね?それなのに、なぜ曲の方が覚えやすいんだろう?」

「それはね、思い出す頻度が高いからだと先生は思うんよ。」

「よく聞く曲って、耳にする度に何となくその次の歌詞を思い出してしまうよね。」

「覚えた英単語って、テストや問題で見かけた以外に思い出すことはある?」

「じゃあ一度覚えたら忘れにくい曲の歌詞のように、覚えた英単語を何度も思い出せば忘れなくなるんじゃないかな?」

ここまでがワンセットの話です。いつもこの後に英単語の暗記法の話をしていきます。

勉強で困ったことがあったら先生たちに相談してくださいね?

先生たちの体験を踏まえてアドバイスします!受験の失敗談や面白い話がごろごろでてくると思いますよ。

 

リスニングのときに、ポニョが流れてきても責任は取りません。

西丸

 

 

 

 

 

 

 

課題について

米子では、夏期講習前のところから、演習量をしっかり増やしていくために生徒に課す課題の量を増加させています。

夏期講習期間にかなり苦しい思いをした中3のメンバーは、そのほとんどが今の課題量を苦にしている様子がありません。

慣れというか、こなせる量のキャパが増えたのだと思っています。

ただ、この課題もただ問題を解き、丸付けをして、答えを横に書いて終わりにしては意味が半減。。。

きちんとした、正確な見直しを徹底してやってほしいと伝えています。

高校生は今ちょうど中間テスト期間中。がんばれ!

中学生は今月半ばから末にかけて。早めに準備をし、成績アップを目指しましょう!

 

前回、トレーニングの再開をすると言っていましたが、ようやく再開できました!

時間がないを言い訳にすることがないように今回継続して行うのは

タバタ式トレーニングです。

20秒全力10秒休憩を8セット

つまり4分あれば終了する言い訳無用のトレーニングです。

どれだけ自分に厳しく、トレーニングの強度を上げていけるかが重要です。

10月19日から米子校ではハロウィンウィークが始まり、仮装をするのですが、その時にはバキバキの身体で女装できるように鍛えていきます!

おたのしみに!