タグ別アーカイブ: やる気

「感奮興起」(かんぷんこうき)・・・やる気が大事!

何かに感じ、

「自分もうかうかしておれない」

「よし、やるぞ!」

と奮い立つこと。

これを表す『感奮興起』(かんぷんこうき)という言葉があります。中国古典の世界の言葉で、人間の成長に不可欠の資質、要素なのだそうです。

こんにちは。庭瀬校・前です。
今週、秋晴れの爽やかな空の下、KLCの他校舎の先生とテニスをしまして、その後有名なラーメン屋で麺をすすりながら、「やっぱり生徒の成績が伸びるかどうかは、本人のやる気次第だよね」という話をしました。

今日はその「やる気」についてです。

—————————————————
「憤」(ふん)

感奮興起するときの心のエネルギーみたいなものを「憤」(ふん)と言います。
世の中には50歳、60歳になっても、感奮興起して、憤の心を持って、何か新しいことを始める人がいます。そんな人は、若々しく輝き、人の目を惹きつけるものです。

私の父は、もう引退しましたが元外科医で、手術のときの手先の動きが鈍らないように58歳のときにピアノをまったくのドシロウトから初め、毎日数時間練習し、5年でショパンを発表会で披露するようになりました。(たぶんショパンの中でも簡単な曲だとは思いますが)・・・ちょっと父じまんでした。

一方で「どうせ私はこんなものだよ・・・」と限界線を作ってしまうのも、やはり自分。変わろうとする「憤」(ふん)がありません。たとえ10代、20代でも心は枯れています。

———————————————

孔子(こうし:中国の2500年以上前の偉人)の遺した言葉にこういうものがあります

「苗にして秀でざる者あり。秀でて実らざる者あり。」

学問をしても苗のままでいつまでも穂を出さない者がいる。
せっかく穂を出しても、実を結ばずに終わってしまう者もいる…という意味です。

「これをいかんせん。これをいかんせんと言わざる者は、吾これをいかんともするなきのみ。」

こちらの意味は、
「どうしたら自分をもっと向上させることができるか。いかにしたら自分をもっと磨くことができるか……。真剣に問い、求めようとしない者は、この私もどうすることもできない。」となります。


苗のままで終わるか、実を結ぶ者になるか。
その差は、感奮興起のいかんで決まる。

孔子の時代、2500年前から、
「どうせ私は…」という人はどうにも成長しないし、
「よし!やろう!」という人は、実を結んでいく。

……人間の法則、真理ですね。

————————————–
塾という<学びの場>においては、とりわけそういう「憤」の心「よし!やろう!」という心の強い子が上位を走り続けます。

子供に限らず人間って、「ダメだダメだ」と否定され続けたり、「これやれー!」「あれやれー!」と強制され続けたりしていると、やることはやるかもしれませんが、「憤」の心はつぶされていますから、まぁ続かないですね。間違いありません。

だからこそ、庭瀬校では、生徒のことを決して否定しません。むしろ頑張っているところを積極的に評価します(もちろん、ルール違反に対して叱るところは叱りますが…笑)。
生徒のモチベーション(=憤の心)こそが、成績向上、ひいては人として成長していくために何よりも大事だと考えているからです。

「自分もうかうかしておれん!」

「よし、やるぞ!」

という気持ちで頑張って行きましょうね!

    庭瀬校  前

県立高校入試迫る!

岡山県の県立高校入試は佳境を迎えています。
特別推薦入試の合格内定が発表され、悲喜こもごもでしょう。

ここで忘れてはいけないのは、「合格を勝ち取るまで気を緩めない」ということです。

毎年、受験生の指導をしていて思うのですが、第一志望に合格していく生徒には共通点があります。

「謙虚である、おごらない、不安をやる気に変える」

受験勉強は長くてつらいもの。しかし、最後の最後で「がんばったけど不合格」では元も子もないのです。その不安を原動力にコツコツ勉強を続けている生徒の「定着力」は目を見張るものがあります。

逆に、結果が芳しくない生徒の共通点は「結果に一喜一憂する、気持ちの切り替えが苦手、やらない言い訳をする」などがあります。

残された時間はわずかです。しかし、時間が無いからあきらめるようでは未来はありません。最後の最後までもがき苦しんだ先に「合格」があります。苦しいときに頑張れるチカラは一生の宝になります。KLCは最後まで全力バックアップをしていきます!

大高校 井上

「やる気」との付き合い方

 私事ではありますが、先日休みの日に近所の銭湯(健康ランド?)に行ってきました。
 前から行っていたところが改修工事中だったため、急遽スマホで検索し、別のところへ行きました。いつものところより小規模でしたが、露天もあり、サウナもありで十分満喫できました(写真を撮ってくれば良かった)。

 しかしあれですね、以前からやったことはあったのですが、サウナと水風呂を5分おきくらいに行ったりきたりを繰り返すのって体がぽかぽかとしてきて気持ち良いです。当初は軽く温泉につかってすぐに出よう、1時間くらいで帰ろうと思っていたのに、気がつけば2時間くらい滞在してました。

 そしてここからとても自然な流れで勉強の話に変わるんですが、勉強に対するやる気って、みなさんどうやって出してますか。
 よく「勉強に対するやる気が出ない」と言いますよね。そもそも「やる気」って「出す」ものなんでしょうか…?

 「やる気」ってやっているうちに「出てくる」ものではないのでしょうか?いったん入ってしまったら、思いのほか長く入り続けてしまったサウナと水風呂のように・・・。かっぱえびせんだって、食べ始めない限りは「やめられなくなる」こともないのですから、勉強だってやり始めてあとから軌道に乗ってくるものかもしれません。
 ですので、はじめから完璧にしようとせず、「まずはテキストを開いてみよう」とか、「まずは1問だけ問題文を読んでみよう」とか、低いハードルから始めてみてはどうでしょう?それで続かなかったらまた休めば良いと思います。それすらできないのはもしかしたら本当に疲れているのかもしれませんから。10分でも休んだらまた「開くだけ」「1問だけ」をやってみては?

 水風呂に入りながらそんなことを考えていました。個人的にはサウナより水風呂に入った時の全身が温まる感じが好きです。「水風呂入ったら普通寒いやろ、温まるっておかしない?このおっさん頭おかしいんちゃう?」と思ったそこのあなた。そんなあなたにこそぜひ入っていただきたいです。家族で銭湯に行ったときにはお試しください。きっと分かってくれるはず・・・。

岡山校  辻

 

国公立大学2次試験前期が終了。新高校3年生へのメッセージ。

芳泉校の猪股です。

今日は「数学のできる人とできない人」の続きはお休みです。

先日,国公立大2次試験の前期日程が行われました。

現高校3年生の皆さんは,自身の集大成をみせることができたでしょうか。しかし,それを考える間もなく,次の後期試験に向けて準備している生徒の方が多いはずです。最後まであきらめず,頑張って下さい。

そして,新高校3年生はいよいよ1年をきったわけです。すでに志望校は決まっていますか?では,それに向けて計画性を持って学習を進められる状態ですか?

決まっていない人は今すぐにでも調べて,自分の進路を決めてください。なぜ決めなければならないのかは単純です。2次試験で必要な科目が決まっていない状態では,どの科目を重点的にすべきかも決められないからです。決まっている人はそれが分かっているわけですから,計画も立てやすいはずです。決まっていない人は,決まっている人とすでに差がついていることに危機感を持ってください。

自分の進路を決めていない人は,「決めない」という選択をし続けていることに気が付いてください。

では,決まっている人はちゃんと計画的に進められているのでしょうか?その日の気分で勉強する科目を決めていたりしませんか?やりっぱなしで,復習がおろそかになってはいませんか?

耳が痛い人が多いでしょう。しかし,やらなければ本当に厳しい現実に直面します。大学入試を甘くみてはいませんか?ちょうどいい機会です。自分の志望する国公立大2次試験の前期日程の問題を確認してみてください。理系の人は,まだ未習の範囲がある場合が多いかもしれません。ですが,既習範囲の問題はすでに手を出せるはずです。文系の人は国語,英語にチャレンジしてみましょう。今の自分の実力とのレベル差を把握しておくことも非常に大切な要素の一つです。

あとは皆さんの行動あるのみです。より具体的な話は授業でもしていきますが,自分一人で悩まずに相談に来てください。何せ皆さんは初めて大学入試に挑むことになるのですから。共に頑張っていきましょう!

やる気のもち方

やる気の持ち方

勉強においても他のこともそうですが、やらなければならないと分かっていてもつい目の前の誘惑に負け先延ばししてしまうことはよくあります。そこで本日はいくつか偉人のことばを紹介したいと思います。

『学べば学ぶほど自分が何も知らなかったことに気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。』 (アインシュタイン)

『明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。』(チャールズクーリー)

『やる気があるときなら、誰でもできる。本当の成功者は、やる気がないときでもやる。』(ドクターフィル)

受験日まであと少し。最後まで一緒に頑張りましょう!

大元校 福本 誠