タグ別アーカイブ: 学力

お子様の学力低下が気になる保護者のみなさまへ

お子様の学力低下が気になる保護者のみなさまへ

KLCセミナーのホームページにアクセスいただきありがとうございます。

早速ですが、お子さまの成績が気になる保護者のみなさまに、ご質問です。

 

【質問】模擬試験や定期テストの成績が2回分以上

    下がり続けていますか?

    もしくはお子様のご家庭での学習状況を

    不安に思われていますか?

 

この質問に「はい」とお答えの方に、

お子様の状況に応じた学習塾の選び方のヒントになる情報をご案内します。

2つのボタンからお子様の状況にあったボタンを押してください。

 

 

最近の米子校

米子校では現在、保護者面談、生徒面談実施中です‼︎

生徒の皆さんは、自分の将来すすみたい道、志望校に向けての学習方法や現在との学力差などなど、じっくり話せる良い機会だと思います‼︎

また保護者の皆様もお子様の現在の学力、目標校との学力差や塾での学習状況等ゆっくりお聞きいただける機会となっております!

是非、ご参加いただければと思います!

問題を見る観点 ~学力をつけるために~

芳泉校の猪股です。

今日は「問題の考えるときの観点」についての話です。

先日,高校2年生の生徒からの数学の質問で,

「学校の先生に解き方が4つあると聞いて,2つは分かったんですが・・・他の解き方を教えてください。」という質問が来ました。

このタイプの質問を聞く生徒は少ないのが現状です。しかし,数学を考える上では,是非とも持っておいてもらいたい観点です。

他に解法がないか?

これを常に考えることで確実に学力は上がります。

では最近聞かれたものから,高校数学の問題での具体例を下に挙げておきます。

参考にしてみて下さい。

20170926blog

空白補完効果

芳泉校の猪股です。

今日はちょっと科学的な話です。

下の2つの図を見て下さい。

空白補完効果01  空白補完効果02

図1の方は「KLC」,図2の方は中央に「三角形」があるように思ったのではないでしょうか。

これを「空白(空間)補完効果」といいます。
隠れている物を,脳が過去の経験などから補ってくれるのです。

この効果を知って,私は思いました。
「物」でなく,「問題の解き方」でもそれはあるんじゃないかと。

問題を解いているときに,
「これは以前に解いたあの問題と似ているな」
と思うことがありませんか?

それによって同じ解き方を試してみるはずです。
これも一種の「空白補完効果」と言ってもいいと思います。

しかし,これには欠点もあります。

空白補完効果03

空白補完効果04

上のように,図1の方は「KLO」かもしれません。
図2の方も,このように三角形ではない可能性もあります。

すぐに判断をするのではなく,一旦立ち止まってみることも大切です。
なぜ自分はそのように判断をしてしまったんだろう?
他の可能性は本当にないのだろうか?

こう考えることは学力向上につながるキッカケとなります。
これからの普段の生活でも意識してみて下さい。