タグ別アーカイブ: 宿題

小5・中2・高2生必見!KLC体験キャンペーン!

今の学年も半分が終わり、あっという間に次の学年が近づいてきましたね。
小学5年生、中学2年生、高校2年生は来年は受験生!
いまから準備を始めておけば、来年の成績の伸びは全く違います。
KLCセミナーでは、11月から冬期講習までの約2カ月間、
無料体験を通常の1週間から2週間に拡大!

トコトンさせる“厳しい”塾KLCセミナー
・宿題をやりきる指導
・テストの直しの徹底
・熱く面白い先生達
・アットホームな雰囲気
を是非体験して下さい。

しかも、期間中は一斉授業の体験だけでなく、
・QAタイム
・自習室
も体験可能!
2週間!KLCセミナーで勉強してみませんか?

「2週間無料体験キャンペーン」

【期間】11月3日(水)~12月21日(火)

【対象】一斉授業の全講座
    ただし、小学6年生受験クラス、中学3年生、高校3年生を除く

できっこないをやるっきゃない

先日、ふと耳にした言葉がすごく印象に残った。

できっこないをやるっきゃない。

確かにそうだ。

コロナの前では、想像できなかったことが今は当たり前になっている。

そういえばあの時・・・

できるできないではなく、やるしかなかった。

つまり・・・

できないと思わなければ、できるってことだ。

できると思えば、できるってことだ。

 

 

話は変わって・・・、  ←(おいおい良い話っぽかったのに変わるんかい!)

岡山校では9月から宿題を増やしている。

量としては、少なくとも以前の倍!

なぜ、宿題量を増やしたのか?

きっかけは、東京の校舎の夏休みの課題量を知ったから。

ひとりの先生がおもむろに目の前に手を差し出してきた。

こんな風に

「これ〇〇校(東京にある系列校)の小中学生の夏休みの宿題量!」

???  ←(うそだろ?生徒やめるで)

「どういうことですか?」 

「テキスト重ねると厚みがこれくらい」←(親指の先から小指の先まで)

「盛ってないですか?」

「盛ってない!」

・・・(黙)  ←(絶賛困惑中・・・)

 

岡山では考えられないくらいの量に  ←(厚さだけで言えば3倍だよ)

(ごめん。みんな。先生は甘かった。)

と心の中で反省。

同時に、東大の受験などで地方の受験生が競り負けてしまうことの原因が見つかった気がした。

大学受験までにやってきた勉強の厚みが違う・・・。

 

 

そんなこんなで、小中学生の宿題の量を少し増やした訳だが、

突然増やされた生徒からしたら

できっこない!

と思っただろう。

事実、9月は宿題の未完成も多く、居残りや罰課題を追加される生徒も多かった。

しかし、1ヶ月が過ぎ、今は9割以上の生徒が宿題をこなしている。

やるっきゃない!

思わされたからだろう(笑) ←(逃げられない上に、罰課題まで追加される)

 

成果は、導入しているICT教材のすららでも明白になった。

紙のテキストは答えを写すなどのズルもしようと思えばできてしまう。

すららの良い点は、そうはいかないところ。

すべて履歴に残るからだ。

そのすららにおける小テストで変化は表れた。

先週分のテストでも約8割の生徒が100点だったのだ。

これは2週連続。

明らかに変わってきている!(嬉)

定期考査も目前。

成功体験を掴ませたい!! ←(この調子で、やらせるきゃない!)

 

できっこないをやるっきゃない!

ただ、これ本当は

「できっこないをやらなくちゃ」っていう歌の題名だったようで・・・

聞き間違いでした(汗)

でも、せっかく聞き間違えたので

できっこないをやるっきゃない!

で座右の銘にします(笑)

 

できると思えば、できる!

受験にだってまだ間に合う!

できっこないをやるっきゃない!

「なんとなく」で宿題をやっていませんか?

みなさんは、宿題を何も考えずに「なんとなく」やって終わりにしていませんか?「先生、僕は丸つけ、直しまででできているよ!」いう声も聞こえてきそうですが、宿題を終わらせることが目的になっていませんか?同じ時間をかけて宿題をやるなら、きちんと学力が身につき、今後に活かせる方法でやってほしいなと思います。たとえば、中3の英語で次のような問題が宿題にありました。

問題:次の(   )内の語を適切な形にかえなさい
Those windows were (break) when the typhoon came.

答えは当然、「broken」としてあげればよいのですが、なんとなくでやって終わりにしていませんか?きちんと、英文全体の構造をとらえて、根拠を持って答えを導いていますか?文全体の日本語訳まで頭の中できちんと行っていますか?たとえば「typhoon」という単語がわからなければ調べていますか?
また、国語の漢字の宿題は、「間違えた漢字を直して終わり」、ではなく、間違えた漢字を繰り返し練習していますか?繰り返し練習をして覚えることができたら、答えを指などで隠して、簡単なチェックテストをすることも可能ですよね?
同じ時間をかけて宿題をやるのなら、次に活かせる方法で宿題をやってほしいなと思います。少しだけ時間はかかりますが、これが「勉強」だと思います。がんばれ!

大元校 松尾

宿題のやり方について

こんにちは。
今年も残りわずかとなり、朝晩かなり冷え込んできましたね。
皆さん風邪など引いていませんか?温度差がかなりあるので、体調管理にはくれぐれも気をつけましょう。

さて、今日はKLCの「宿題」について改めてふれたいと思います。
皆さんはどの様なモチベーションで宿題をやっていますか?
「単に宿題だから、、、。」、「宿題をやってこないと、担当の先生に叱られるから、、、。」などあるかと思います。宿題というのは、原則として自宅でやるものです。ということは、その週の授業で習ったことを自分で再現して解いてみることにもなります。宿題で分からないところがあれば、授業前やQA(補習)などを積極的に活用して、その週のことはその週に理解するようにしましょう。きちんと理解出来ていれば、次週のチェックテストでその効果は発揮されます。これを継続することで必ず学力は向上するでしょう。宿題がなぜ出されているのかを再認識してみるのも、勉強においては大切なことです。

大高校 谷本

宿題のやり方(中学生版)

KLCセミナー芳泉校では、次のような宿題のやり方を中学生に指導しています。

1、授業の日から3日以内に取り組む。
2、最初のマル付けは赤ペン。間違ったものは消して解き直す。
  2回目のマル付けは青ペン。間違ったものは青ペンで解答(解説)を書く。

教科によって若干の手順の違いはありますが、上記のやり方を指導しています。
間違った問題をきちんとやり直すことで力がつきます。

芳泉校 小林