タグ別アーカイブ: 漢字検定

定期対策講座・英検・漢検

こんにちは!
大元校の小林です。

お知らせです。
KLCセミナー大元校では、1学期に引き続き、
この8月末にも定期対策講座を行います。
今回の対象中学校は、岡大附属中と後楽館中学校です。
日程は下記のようになっています。

岡大附属中・後楽館中対象 定期対策講座
8月27日(土)
3年生 19:00~21:00
1年生・2年生 17:00~19:00
※学年によって時間帯が異なります。
試験対策のプリントを用意しています。

一般生の方のご参加も随時受け付けております。
8月26日(金)までにお電話にてお申込みください。
KLCセミナー大元校0120-198-440までお願いします。

お知らせが続きます。
実用英語検定を実施します。
10月8日(土)に行います。
級によって試験時間を二つに分けています。
2級・3級・5級は9:30から、
準2級・4級は12:30から開始します。
お申込みの締め切りは、9月7日(水)としております。

さらにもう一つお知らせです。
漢字検定を実施します。
10月29日(土)に行います。
こちらも級によって試験時間を二つに分けています。
2~7級は9:40から
8~10級は9:30から開始します。
お申込みの締め切りは、9月30日(金)としております。

検定詳細およびお申込みは、
KLCセミナー大元校0
120-198-440までお願いします。

GWが終わったら…することはもちろん?

みなさんこんにちは、芳泉校の安田です。

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまって、「まだ休みたいな~」なんて気が緩んでいたりしませんか?勉強しなきゃいけないのに力が入らない…と悩んでいる皆さん!私が気を引き締めるここだけの方法を伝授します。それは…

  \ テストを受けること!!! /

ということで芳泉校で実施されるテストを2種類案内します。

①夏期公開学力判定テスト(5月28日実施)

 日頃の学習の成果を確認できるテストです。皆さん誰でもやはりテストではいい点を取りたいものですよね?勉強に身が入らない人はテストを一つのモチベーションにしてみましょう。特に中学3年生は受けるテストが志望校判定テストになるので今の自分の実力で志望校への合格可能性がわかる重要な機会となっています。ふだんKLCに通っていない人でも受けることができるので、受けてみようかなという人はおうちの人に頼んでお問い合わせしてくださいね!

②漢字検定(6月25日実施)

 もう一つは漢字能力検定です。実は漢字検定も中学3年生にとっては激熱イベントなんです。それはなぜかというと…例年、私立高校の入試では一定以上の資格保持者に優遇措置があるからなんです!受験勉強が夏休みから本格化する前に、1学期の段階で検定を受験する中3生が毎年一定数います。芳泉校での申し込み締め切りは5月26日(木)となっていますのでお早めにお申し込みください!

安田

お勧め! 漢字検定の受検を利用した学習

 漢字検定は、秋ごろ、自分の力を試すために受検される方が多く、とても良いことで、是非受けてもらいたいのですが、今回はそれとはちょっと違って、お勧めしたい、漢字検定を利用した学習についてお伝えしようと思います。

ポイントは2つ・・・
「漢字の先取り学習は、取り組みやすい」
「語彙力が向上し、受験勉強に役に立つ」 です。

 そもそも漢字検定は年3回(6月・10月・2月ごろ)行われています。主な受検会場となる準会場では、実施可能な日が複数あり、その中から実施する会場が日程を選んで実施していますので、会場によって、年3回あったり、1回だったり、また実施日が異なることもあります。
 さて、この検定ですが、是非、受検してもらいたいと考えています。受検しないとほとんどの場合、勉強が始まらないからです。
 漢字検定は、英語検定と違って入試において有利になることは残念ながらほとんどありません。しかし、漢字検定の勉強をすることで、読み書きの力だけではなく、語彙力も向上します。そして、その力は文章読解でも役立ちます。
 郷原は中学生の皆さんに「国語って日本語だから、高校の現代文になっても、難しくなるのは漢字と言葉だけでしょ。解き方は今教えている解き方で対応できるから、漢字や言葉を知っていれば、中学生でも大学受験の現代文は解けるよ」と、言っています。実際に解いてみて、解けた生徒さんも何人もいます。むろん、小さいときから本をたくさん読んでいたり、なにかしらの形で勉強をしていたりと、たくさんの言葉を知っていれば、漢字検定の勉強をしなくても済むのですが、今から「本をたくさん読んで」って言ってもなかなかうまくはいきません。だからこその漢字検定を利用した学習がお勧めになります。

 漢字検定の級は、10級が小1、9級が小2というように、基本的には1学年で一つずつ級が上がっていきます。よって小6だと5級になります。

 特にお勧めで、目指してもらいたいのが・・・小学生の間に3級、中学生の間に2級の合格をすることです。えっ」て思うかもしれません!!でもこれは、小学生であれば、中学に入って困らない級(3級)、中学生であれば、高校に入って困らない級(2級)になりますので、結局はどこかで習得する必要のある級です。

 これは、完全に先取り学習になります。一般的に先取り学習にはマイナス面もあります。それはやり方を機械的に覚えてしまい、考える力がつかないというものです。しかし、当たり前ですが、漢字にはそれがありません。忘れてしまうだけです。また忘れてしまった漢字を再度覚えるのは、最初から覚えるより比較的簡単になるので、漢字検定の先取り受検にはマイナス面がありません。しかも、漢字だから自分で勉強がしやすいものになります。知らない言葉も出てきますが文の中で使われているので意味もイメージしやすいです。もちろん、言葉の意味が分からないときは調べて下さい。

是非、漢字検定の先取り受検にチャレンジしてみて下さい。

でも受けるだけにならないように、勉強を進めて下さいね。

 郷原

 

漢字検定、受付中!

みなさん、こんにちは!
大元校の小林です。

大元校では、現在、漢字検定受験受付中です。
検定日は、6月25日(土)です。
各級の試験時間につきましては、大元校までお問い合わせください。
0120-198-440です。
申込締切5月27日(金)となっております。

この検定は、日ごろの漢字学習成果を試すもの。
ぜひ、セミナー生のみなさんは受験してください
合格・不合格がはっきりと出るのが検定です。
しっかりと準備をして臨めば、きっとよい結果が出るはずです。
もし、残念な結果であったとしても、検定結果から次の目標を立てることができます。

なお、KLCセミナーの生徒でない一般の生徒さんの受験も受け付けています。
お問い合わせは、さきほど同じ電話番号です。
KLCセミナー大元校 0120-198-440までお願いします。

4月29日(金)から5月5日(木)までは休校となっております。
受付は5月6日(金)から再開いたします。