タグ別アーカイブ: 理科

こんな先生がいます@岡山校 その3

岡山校の校長の岸です。
高校部を中心に担当していますが、小学生と中学生も授業で関わることは多いでしょう!

担当科目としては、
小学生→算数理科
中学生→数学理科英語
高校生→数学生物化学英語
    地理
です。

もはや何の先生なのか分からないですが、一番好きな科目は地理です(笑)
勉強をしていて、いろいろな国のことを知ることができ、行ったこともないのに旅行した気分になれるところが良いところです。
地理の授業はKLCの授業の中でも、一番テンション高く行っている自信があります!
眠いとか言わせませんよ!!

趣味はです。
愛車と元愛車です。(左が前、右が今)

 

 

 

 

とは言っても一番興味があるのはF1などのレースです。
そもそも車を好きになったきっかけが、テレビで見たF1がエキサイティングだったからです。今でも応援しているドライバーは変わっていません!

レースのことを話し始めると、何時間でも語れると思います!興味がある人はぜひ聞きに来てください!

また、レースは見るだけでなく、自分でもゲームで腕を磨いています。
ゲームといっても最近のものはかなりリアルにできています。1レースするとかなり疲れます。
これがリビングの一角です。

まだまだかなり下手なので、毎回反省しながら、練習をしています。
勉強と同じですね!

皆さんがテストを受けて、自分に何が足りないのかを振り返り、そこから勉強を重ねて成績を上げていくのと同じです!
何事も失敗を経験して、そこから改善を加えるからこそ、より良いものができあがります!

粘り強く練習をしていきます!
夢は国体出場!(笑)

 

次回は香川先生です!

3学期学年末テストの攻略【中1・中2理科】

学年末テストの勉強法 ~中1、中2理科~

■広すぎる範囲!どうする?

もうすぐ学年末テストというのに、「範囲が広すぎて、やる気も出ないし、そもそもテスト勉強の仕方がわからない!!」…と、悩んでいる人、多いと思います。

そんなあなたは、学年末テストの勉強法については、中間テストの勉強法とは考え方を変えて臨むと良いと思います。なぜなら範囲がかなり広いので、普通にテスト勉強やってたら終わらないからです。

ではどう考え方を変えるか…?

一言で言うと、『全部やらない!』です。

全くやらないという意味ではないですよ。(笑) 全部カンペキにやろうとするのをやめて、やる部分を絞り込むという意味です。

うまいこと(効率よく)点数を取るための作戦をまとめましたので、ぜひ自分のペースに合うようにアレンジしてお役立ていただければ!

 

■いつから勉強を始めるか?

まず、いつから勉強を始めれば、テストまでに間に合うのでしょうか?

1日に行う勉強時間や、現時点での実力、目指す点数などによって異なりますが、普段の定期テストの勉強を始める時期より1週間早く始めるのが目安になります。

 

5教科で400点以上を狙う子(上位生)の場合、普段の定期テストは3週間くらい前から試験勉強を始めると思います。その子の場合は、4週間(=1か月)前から始めるということです。

もしあなたが「いつもテスト週間に入ってから準備を始める」のならば、学年末テストでは2週間前から始めるべきです。

 

■何をするか?

学校のワークをただ解くだけでは、テスト勉強としては不十分です。

では、何をやるか?…ズバリ、

①計算や難問は捨て、用語の暗記に絞る。

余裕が無いうちは計算問題や難問には手を付けないで、用語の暗記だけ!ぶっちゃけ用語の暗記もできないうちは難問をやる資格なし!です。

②覚える用語は10個だけ!

下(↓)に例を載せますが、あれもこれも覚えようとするとすぐに10個超えてしまいます。「これが出たらどうしよう…」という不安を捨てて10個に絞り込み、2日くらいかけて朝起きたら見て、学校で昼休みに見て、夕方部活の前後に見て、夜寝る前に見る…とやれば絶対に覚えられます。そして選んだ10語を覚えるまでは他の用語に手を出すのは厳禁です。あれもこれもやろうとして全部中途半端に終わった経験がきっとあるでしょう?

③最近習った単元優先!

学年末テストだから範囲は膨大に広いのですが、それでも問題を作る先生側の心理として、どうしても最近やった内容が出やすくなります。間違いありません。

だから、範囲の最初からやるなんて愚を犯すのではなく、最近習った単元からやってください。最悪そこで時間切れでテストを迎えてしまっても大丈夫。きっと出ますから。

【用語を10語にしぼる例】

こんな(↓)感じでワークの用語の試験範囲のページから10個をピックアップします。

【中2理科の場合】

↑31語(記述含む)から、このページは6語だけ選びました。(中2理科)

【中1理科の場合】

↑中1理科は31語(記述含む)から5語だけ!

 

 

では、理科が得意な人も、苦手な人も大健闘を祈ります!

 

庭瀬校/前

2学期期末テストの攻略【中学理科】

期末テスト攻略法 中学1・2年生 理科

ここでは、理科の勉強法攻略法について書いていきます。

前回9月の中間テストの時にも書きましたが、理科は練習量(勉強時間)が増えるほど点数も上がる科目です。だから点が取れないのは、練習時間(勉強時間)が足りないだけと言えます。

じゃあ、ひたすら理科に時間をかけられるか…?というと、他教科もあるし理科だけにかかりっきりになる訳にもいきませんよね。だからこそ、少しでも短い時間でラクに理科を攻略する方法があったら素晴らしいですよね。そんなアイデアをここではご紹介していきます。参考になることがあれば幸いです。

【理科攻略法その1:集中力持続時間/勉強時間は15分刻み!!】

人が何かをするとき、集中力が持続しやすい時間に関して「15・45・90分の法則」というものがあります。つまり15分、45分、90分は集中が持続しやすい時間らしいのですが、考えてみれば小学校の授業は45分のところが多いですし、大学では90分授業が主流となっているのもこの法則と関係があるかもしれません。

さてその「15・45・90」の中でも特に深い集中を持続できるのが一番短い【15分】です。

学校の授業では先生の助けもあって45分集中できたとしても、自宅で勉強するときは、疲れた頭をうまくリラックスさせてくれる<先生>はいませんし、色んな誘惑もあり集中状態を長く保つのはとても難しいです。

だからこそ、自宅での勉強は15分やったら1回切って(休憩を入れて)しまうのです。

理科を15分集中してやったら3分ほど休憩して、次は他の科目を15分。休憩してまた別の科目15分・・・という感じで15分ごとに科目をかけてやっていくというやり方です。

こういう短時間で切り替える勉強方法のことを「分散学習法」といいます。「苦手科目を1時間やる」ってやる前からテンション下がりそうですが、たった15分なら「よし、やってみるか!」という気になりやすいでしょう?ぜひ試してみてください。

期末テストはこうやって攻略する!【理科】

中1 理科 植物の特徴と分類

 

理科は教科書すべてを完全に暗記するのは

大変です。そのために効率よく覚えるために

好きなマーカーやペンを使って実際に描いて

みることはとても有効です。

下の写真は昨年の中1の定期対策授業の時の

黒板です。

この時は、顕微鏡のイラストや被子植物の

イラスト、実験のイラストなど30個ほどの

イラストを黒板に描きましたが、どの生徒も

クスクスと笑いながら楽しそうに描いていま

した。私のイラストが悲惨すぎて、吹き出さ

ずにはいられなかったのかもしれません(笑)。

教科書改訂

来年度から中学校の教科書が変わります。

一番大きく変わるのは、中3の電池の分野です。

今までは暗記に頼っていた部分が思考力を要する問題に変わります。

『金属のイオン化傾向』・『ダニエル電池』という項目が中学校に入ってきます。

今までは、銅板=陽極で覚えてもらっていましたが、なぜ銅板が+極になるのかを

考えないといけません。その根拠となるのがイオン化傾向です。

中学校の理科は以前は全範囲の知識を浅く広く補えれば高得点を狙えていましたが、昨今の試験からは考察力を要する問題が増えています。何気ないことに疑問を持ちなぜそうなるのかを常に考えていきましょう。

 

大元校 福本