タグ別アーカイブ: 算数

特殊算特訓

みなさん、こんにちは。
大元校の小林です。

前回は「新中1の英語、どうしたらいい?」というお話をしました。
今回は4月から7月まで期間限定で開講する、小4~6年生向け講座「特殊算特訓」のお話です。

中学受験クラスでは、小4の後半から特殊算を習い始めます。
もちろん小5や小6でも特殊算を学習しますが、これがなかなか手ごわい
言い方を変えれば、勉強のしがいがあります

特殊算と言っても、ピンと来ない保護者の方もいらしゃるかもしれません.

たとえば「つるかめ算」などが特殊算と呼ばれるものです。
このような算数の問題は学校では勉強しませんが、中学受験には必要なものです。避けて通ることはできません。どうせ避けて通れないのなら、できるように「特訓」したほうが、勉強が楽しくなります

大元校の「特殊算特訓」(4月開講~7月まで)は、受講される生徒さんの学習状況に合わせて特訓内容を厳選して行います。たとえば、新4年生では和と差の問題を線分図を書いて考えるところから始めます。新6年生ですと、すでに5年生で学習した、つるかめ算など面積図を使って考える問題などを扱います。中学受験で算数が入試科目に必要ないという生徒さんはいません。この「特殊算特訓」の受講をぜひご検討ください。

岡山校新メンバーの自己紹介

皆様はじめまして。

9月よりKLCセミナーに入社しました、豊澤 有希 ( とよさわ ゆうき ) と申します。小学生の算数中学生の数学高校生の数学の指導を行っております。

大阪生まれで授業時は関西弁になるのが特徴です。算数・数学をずっと続けているので,幅広い知識の中から的確に選んで,生徒たちに理解できるように説明することを常に心がけています。「わからない・・・」をそのままにせず、どんどん質問してください!一緒に「わかる!」を経験しましょう!

生徒みんなの第一希望が叶うように全力で指導して参ります。

何卒よろしくお願いいたします。

初めての100点

 芳泉校の廊下には、中学生や高校生の成績優秀者の掲示や小学生の100点答案(小学校のテスト)の掲示が貼られています。
 生徒氏名もはっきり写るので、写真でお見せできないのが残念です・・・。

 先日、1人の小学4年生の生徒が学校のテストの100点答案を嬉しそうに持ってきました。この生徒は、実は学校の算数のテストで初めての100点でした。この2学期の目標が「学校のテストで100点とりたい」だったので、見事に目標を達成したわけです。

 「目標をもつ」・・・よく言われることですが、何も壮大な目標や難しい目標である必要はありません。来週から冬期講習がスタートしますので、「チェックテストを必ず合格する」や「宿題はその日にする」など、目先の頑張れば達成できそうな目標をぜひ皆さんも設定してみましょう。冬休みが終わる頃には、変化を感じられると思います。

芳泉校 松浦

 

2016中学入試予想問題(オリジナル)

入試を想定しながら授業を行っている小学6年受験クラスでは、オリジナルの予想問題を解いてもらうことがあります。先日扱ったオリジナル問題の中から1題。中学受験を間近に控える小6受験生は是非解いてみましょう!
※正解はページの一番下にあります。スクロールせずに解いてみて下さい。

【問題】
試験日である今日2016年1月9日は土曜日ですが、
2020年10月10日は何曜日でしょう。

【ヒント】
入試がある2016年は4の倍数の年ですから、うるう年にあたりますね。そして、2020年は東京オリンピックが開催される年(うるう年)です。こっそり時事問題的要素も入れてみました。非常にシンプルで基本的な問題なのですが、うるう年の日数計算に要注意です。2016年も2020年もうるう年であることを考えると・・・

IMG_0084
(参考)授業時の板書

 

正解は・・・土曜日でした!

御南校 後藤