タグ別アーカイブ: 記憶

2学期期末テストの攻略【中学理科】

期末テスト攻略法 中学1・2年生 理科

ここでは、理科の勉強法攻略法について書いていきます。

前回9月の中間テストの時にも書きましたが、理科は練習量(勉強時間)が増えるほど点数も上がる科目です。だから点が取れないのは、練習時間(勉強時間)が足りないだけと言えます。

じゃあ、ひたすら理科に時間をかけられるか…?というと、他教科もあるし理科だけにかかりっきりになる訳にもいきませんよね。だからこそ、少しでも短い時間でラクに理科を攻略する方法があったら素晴らしいですよね。そんなアイデアをここではご紹介していきます。参考になることがあれば幸いです。

【理科攻略法その1:集中力持続時間/勉強時間は15分刻み!!】

人が何かをするとき、集中力が持続しやすい時間に関して「15・45・90分の法則」というものがあります。つまり15分、45分、90分は集中が持続しやすい時間らしいのですが、考えてみれば小学校の授業は45分のところが多いですし、大学では90分授業が主流となっているのもこの法則と関係があるかもしれません。

さてその「15・45・90」の中でも特に深い集中を持続できるのが一番短い【15分】です。

学校の授業では先生の助けもあって45分集中できたとしても、自宅で勉強するときは、疲れた頭をうまくリラックスさせてくれる<先生>はいませんし、色んな誘惑もあり集中状態を長く保つのはとても難しいです。

だからこそ、自宅での勉強は15分やったら1回切って(休憩を入れて)しまうのです。

理科を15分集中してやったら3分ほど休憩して、次は他の科目を15分。休憩してまた別の科目15分・・・という感じで15分ごとに科目をかけてやっていくというやり方です。

こういう短時間で切り替える勉強方法のことを「分散学習法」といいます。「苦手科目を1時間やる」ってやる前からテンション下がりそうですが、たった15分なら「よし、やってみるか!」という気になりやすいでしょう?ぜひ試してみてください。

分からないってホント?

芳泉校の猪股です。

授業や質問受けで感じたことを今日は書こうと思います。

生徒の皆さんから「分かりません」という言葉を聞くことが多々あります。

その理由は様々ですが、すぐにその言葉を使ってしまってはいませんか?
言うこと自体はカンタンですし、「教えてもらえばいい」と思ってしまってないでしょうか?

もちろんKLCセミナーでは、わかりやすく説明してあげられますし、他の解き方なども伝えます。

しかし、「自分で考える」ことも大切です。そうしなければ教えられたことしかできなくなってしまいます。考えてみて分からないときは、解説を読んだり教科書を調べたりしてみましょう。それでも分からないときに質問をしてみて下さい。考えたことによって、理解がさらに深まり、記憶にも残りやすくなるはずです。

ちなみに私は高校1年生で最初に受けた数学の実力テストの問題で解けなかったものをいまだに覚えています。相当悔しかったんですね・・・。

このブログを読んだ人は実践あるのみ!

記憶

 中3生は実戦セミナーが始まり、中1中2の人たちも中間テストがもうじき控えています。受験やテストでは漢字や英単語、理科社会の語句、と覚えなければいけないことがたくさんあります。しかし、単語を覚えることはたいへんですね。そもそも記憶はどういう風にされるか知っていますか。

 記憶は、その長さによって、感覚記憶、短期記憶、長期記憶に分けられます。

 感覚記憶は、短い時間だけ保持される、その時だけの記憶です。覚えられる項目もわずか7個前後しかありません。記憶保持時間はわずか約20秒間です。目や耳などの感覚器官で受け取った感覚を、「とりあえず」「なんとなく」保持するための記憶、それが「感覚記憶」です。見るもの聞くもの全てを記憶…なんてことをしていたら凄まじい容量になってしまいますので、「特に注意を引かなかったもの」「特に重要でないと判断されたもの」の記憶は、数秒で消えてしまいます。

そして、膨大な量の情報が入っては消えていく感覚記憶の中で、意味がある情報だと「選択」された情報だけが短期記憶に送られます。

 そうして選択された情報を意識的に扱い、記憶しておくための領域が「短期記憶」です。

例えば誰かに何かを言われたときに、忘れないように相手の言ったことを何度もつぶやいて情報を保とうとすることがありますよね?その時に情報を保持している領域が短期記憶です。

そういった記憶は繰り返しをちょっとでも中断したり、他に余計な情報が入ってしまったりするとサッパリと忘れてしまいがちですが、そのくらい短期記憶の容量・保持時間は小さく短いものです。

 

短期記憶で情報を、ある程度の時間、ある程度の質(強度)で記憶することができると、その情報は「長期記憶」に転送されます。…普通、ものごとを「記憶した」と言えるのは、この段階に入ってからです。

容量は非常に大きく、「ほぼ無制限に情報を溜め込める」と言う人さえいるほどです。

また、長期記憶の維持期間も「ほぼ半永久的」と言われています。

 

つまり英単語の暗記で考えると

感覚記憶 新しく覚える単語をみた。(20秒で忘れます)

短期記憶 その単語を20回書いて覚えた。(一日したら忘れます)

長期記憶 何回も書いた後に時間を空け、また書いた。さらに時間を空け何回も書いた。また時間がたったあと、また書いた。さらに……(半永久的に覚えています)

 

受験で使える記憶というのはいうまでもなく長期記憶です。長期記憶するには反復がとても大切です。KLCの先生も学校の先生も「復習をしろ」と耳にたこができるくらい言いますよね。何回も何回も復習しないと、結局しっかりと記憶できないからそう言うんです。

しっかりと復習を何回もして、長期記憶にしていきましょう。

大元校 井上