タグ別アーカイブ: 部活

~部活動と勉強の両立(中学生・高校生)~

頼れるものは頼る! 餅は餅屋!

意外と多い!!すき間時間を利用する

 忙しい部活動に入ると、部活動と勉強の両立に悩んでいる人が多く見られます。
 特に部活後の勉強がかなりきついのだと思います。部活後に集中して勉強することはかなりの体力と集中力が必要で、特に中1や高1の最初がきつくなります。何か月か経てば慣れますが、そもそも部活後の勉強には限界があります。
 部活と勉強のどちらかだけにするという選択肢もありますが、両方できたほうがいいですよね。部活後に、勉強を極力しないで済むように時間を自分で作る必要があります。ただし、休みの日にしようとするのではなく、毎日の学校生活の中で時間を見つけて、自ら先どって勉強を進めておくことが大切です。10分のすき間時間でも、6回あれば1時間です。忙しいときに忙しくして、休みの日はしっかり休む方が両立はしやすくなります。よく言われる計画を立てて学習することはとても大切で効果的ですが、両立に悩んでいる人の多くが計画通りにいっていないものです。守れない計画よりも、その日のことはその日にするという意識を持って、すき間時間に終わらせる意識を持つ方が両立はしやすいと思います。
 また問題を解く時間を短縮できれば早く終わるわけで、塾での先取り学習や学校の予習をしっかりとしておくことが大切です。そうすれば、宿題にかかる時間は短縮され、復習にもなるので効率よく力がつきます。もちろん、難解な問題もあると思います。でも難解な問題は、大体解く前に分かるはずです。そんなときは、学校や塾で終わらせるべきです。すぐ近くに教えてくれる人がいる環境で学習したほうが効率がいいですよね。分からない問題は分からない。だから、頼れる人は頼って下さい。頼れる人は近くにたくさんいるはずです。
 そして勉強に限らず、様々な悩みの相談もそうです。悩んでいるから、勉強に手がつかなくて時間がかかっていることもあるはずです。頼れる人は頼りましょう。それが両立のコツです。

中間テストの攻略!【中学理科】

こんにちは、庭瀬校の前です。

「理科の勉強法が分からない~」という声をよく耳にしますが、私に言わせれば

「(中学生の)理科は触れた時間(反復練習した時間)だけ点数が上がる(はず)」

「点が取れないのは、触れた時間が足りないだけ」です。

…ではどういう反復をしたらいいのか?という点について書いていきますね。参考になることがあれば幸いです。

         

【理科攻略ポイント1:ラクに長期記憶化する】

理科で高得点を上げるためには、知識を覚え、その記憶を定着=長期化させることが欠かせませんが、これ(暗記)を少しでもラクにやれたらハッピーですよね。

そのための具体的な心得を3つ、以下にご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

<ラクに覚えるために/その①>反復箇所を減らしていく

覚えるためには<反復練習>が欠かせませんが、全ページ、全問を繰り返すのはしんどいです。なので、繰り返す箇所を1回やるたびに減らしていくのが効果的です。

反復するのは「前回間違えた問題(×の問題)」と「前回あっていたけど自信の無い問題(△の問題)」です。できた問題は次の反復からは除いて、反復するたびにやる問題を減らしていくのです。

←まずはワークの用語のページをひたすら反復!

 

<ラクに覚えるために/その②>忘れた頃(1日後~3日後)に反復

問題を1回やっただけでは短期記憶のままです。これを反復することで長期記憶化していく訳ですが、例えば1回やって丸つけしてすぐにもう1回やったらさすがにほとんど覚えていると思います。これはあまり意味がありません。最低でも1日開けて、忘れかけた頃に『え~となんだったっけ?』と思い出しながら反復するのが記憶をより長期化してくれます。

 

<ラクに覚えるために/その③>寝る直前に反復

人間の記憶は寝ている間に長期化するので、暗記科目の勉強はできるだけ寝る直前にやるのが効果的です。寝る直前にやって、起きてすぐに覚えているか確認をするのも効果的です。