米子校のあれこれ

長い長い夏期講習も終わり、2学期がスタートしましたね。
今回の夏講から、各学年の課題量をアップし、授業の演習量もアップしています。

最初は悲鳴をあげていた課題の量も、今では”普通”と思える程パワーアップしている生徒たちに我々、講師一同驚かされています。
コツコツと勉強し、それが習慣となり、とてもいいペースで習得できているように思います。
引き続き”継続は力なり”を忘れず、課題に取り組み受験での武器にできるよう一緒に頑張りましょう‼

米子校では、生徒面談がスタートしています。自分の進路と向き合ういい時間となるよう疑問点、相談したいことがあれば何でも言ってきてくださいね。

ここで夏期講習中に驚いた一コマを・・・・

ピザを塾までデリバリーしている生徒を初めてみました。
もちろん、一人で完食していましたよ。。。。笑

 

英語が通じる国々④「カナダ」

世界中の多くの国で話されている「英語」。英語を使うことで様々な国の人たちとコミュニケーションをとることができます。今回は北米のこちらの国を紹介します。

<基本情報>
・正式名称:カナダCanada
・面積:約9,984,670km2(2位)
・人口:約3759万人(38位)
・首都:オタワ
・気候は冷帯の地域が多い
・もともと原住民のイヌイット(エスキモー)が住む土地だったがヨーロッパ人が進出
・北部にはタイガと呼ばれる針葉樹林帯が広がり、木材を多く輸出している
・水力発電が盛んにおこなわれ、発電量の約60%を占めている
・公用語は英語とフランス語

<カナダはどんな国?>
・北アメリカ大陸の中で最も規模の大きいナイアガラの滝があり、水力発電の水源にもなっている。
・高緯度地域ではオーロラの観測もできる。
・カナダの代表的な食べ物といえば、国旗にも見られるメープル(かえで)のシロップ。トーストやパンケーキはもちろん、家庭ではソーセージや卵料理にもかける。
・スポーツではアイスホッケーが圧倒的な人気で、ホッケーに似たラクロスは国技。ほかには寒い気候を繁栄して、スキー、スケート、カーリングといったウインタースポーツも盛ん。

・カナダ出身の有名人は多い。歌手では、映画「タイタニック」主題歌のセリーヌ・ディオンや、日本でも若い層から支持を集めるジャスティン・ビーバー、映画俳優では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマイケル・J・フォックス、「マトリックス」のキアヌ・リーブスら、カナダ出身の著名人は数多くいる。不朽の名作「赤毛のアン」の作者・ルーシー・モード・モンゴメリもその1人。
・カナダは移民が多く住み、多文化な環境が整備されているため日本人にも人気の留学先となっている。特にバンクーバーなどの西部の都市ではアジア人が多い。
・男女平等意識が強く、基本共働きで男性も家事をし、育児休暇をとって子育てに積極的に参加することが普通。
・カナダの国民は大らかで温厚な人が多く、相手を尊重し、自己主張もそれほど強くない傾向がある。
・時間にはルーズで、約束の時間に遅れたり、バスなどの公共機関も予定より遅れたりすることが日常茶飯事。
・公共空間に公衆トイレがあることは珍しい。また、カナダにはノックをする習慣がないため、トイレを使った後は必ず扉を開けたままにしておこう。
・お酒を買える場所は制限されていて、コンビニやスーパーマーケットではお酒は購入できず、リカーショップのみでお酒を購入することができる。
・給料日が月に2回ある。
・カナダでは、バスの運転手が運転中にトイレやドリンク休憩のためにバスを一時的に路線変更することがある。

サイコロの精霊

こんにちは!御南校の竹本です。

 

先日、この校舎に奇妙な生物が来ました。

その生物から伝言を預かっています。

 

メダル30枚で、サイコロ、回せる

偶数出たら、特別な物貰える

 

「メダルを集めるのだぁぁ」

 

何を言っているのでしょう?

怖いなー、怖いなー、

 

まぁ冗談はさておいて( ´艸`)

 

てことで、

メダル交換!!!!

サイコロチャンス

やります。

貯めているメダルを使って豪華な賞品をゲットしましょう!

 

商品の詳細やメダルの獲得方法は御南校の先生に聞いてみてください。

御南校/竹本

小学校の参観日に行ってきました!

こんにちは!
芳泉校の小林です。

先週の木曜日、我が子(小6)の参観日に行ってきました。
コロナ感染拡大防止の観点から、地区ごとに分散して行っていました。
ということで、先週は月曜日から金曜日まで、連日保護者参観を実施していたようで、小学校の先生方もたいへんだったことでしょう。

さて、その参観のようすですが、我が子のクラスの参観科目は英語でした。
ALTの先生もいらっしゃって、担任の先生と二人で授業を行っていました。
夏休みの思い出を英語で発表するという趣旨のようで、下記のようなパターンの練習を繰り返していました。

I  went  to ~.
I  ate ~.
I  enjoyed ~.
It  was  ~.

「~」の部分には、場所の名前や食べ物の名前を入れて完成させます。もちろんいくつかの例が写真とともに黒板に貼り出されており、ALTの先生が発音指導を行います。ALTの先生がお手本として発音したあとに、子どもたちは声を合わせて発声します。ALTの先生が何度も繰り返して指導されていたのは、「salad」でした。
どうしても子どもたちは「サラ」と言ってしまうようです。

ALTの先生が発音し、子どもたちが声をそろえて発声するようすは、とっても「学校らしくて」よかったのですが、そこはやはり、個々の児童の発音まではチェックできません。これは、致し方のないことです。

KLCセミナー芳泉校では、個別指導型 子ども英語教室 Lepton(レプトン)を取り入れています。私も週に1回、レプトンの指導を行っています。
レプトンでは、ネイティブの音源(CD)を各自がヘッドフォンで何度も聞き、個々で発音練習をして、チューター(先生のことです)のところに、発音チェックにやってきます。ここでうまく発音できれば、次のページに進むことができますが、あまりうまく発音できていない場合には、もう一度、席に戻ってCDを聞き、練習するように指導しています。
まずは、しっかりとネイティブの音声を聞き、そして、自分でも声に出して言ってみる。さらに、発音をチューター(先生)がチェックするという流れで、自然とネイティブの発音を学べるようになっています。

レプトンでは、下記の日時で体験レッスン(45分~60分程度)を受け付けています。

土曜日または日曜日 16:00~18:00

なお、体験レッスンには事前のお申込が必要です。
下記のフリーダイヤルまでお気軽にお電話ください。

KLCセミナー芳泉校
0120-193-419

季節の変わり目

先日19歳になる姪から、雑誌に記事と写真が載るからみてねという連絡がありました。その雑誌というのは完全にアイドル雑誌…いい年した40代の私には本屋で買う勇気はなく、amazonで予約しました(笑)。

 

こんにちは松浦です。

9月になって、ようやく朝夕は秋らしくなりましたが日中はまだ暑いですね。庭瀬校のひまわりも元気に咲いています。

さて、9月になると高校3年生の総合型選抜の志望理由書や小論文の添削が多くなってきます。来月には小学6年生受験クラスの適性検査の添削も始まります。毎年この時期に添削が増えてくると、夏が終わっていよいよ受験期だなと季節の移り変わりを実感します。

春休み、夏休み、冬休みが終わった後、いわゆる季節の変わり目はのんびりしてしまいがちで、学力差がつきやすい時期です。受験生はもちろんですが、受験生でない人も日々の学習をコツコツと頑張っていきましょう

松浦