生徒からの挑戦状 ~謎解き編~

先生、クイズ作ってみたから解いてみて。

 

そう言って授業後、私のところに問題を持って来た中学3年生、男子。

 

よし、いいだろう。受けて立つ。」解けたらブログに載せることを約束し、男たちは別れ、それぞれのGW休暇を満喫した。

 

 

みなさんお久しぶりです、上田です。

 

GW前に出されたこのクイズ、無事に解読することができました!

 

 

〇〇君、なかなか面白い問題を作ったね!👍

ブログをご覧になっているみなさんも考えてみてください。

 

↓    ↓    ↓    ↓

 

〇〇君、答えを発表します!

 

↓    ↓    ↓    ↓

 

 

上田の考える問題の答えは、、、です!!

 

(理由)

一番上の段の「e1」に並んでいる数字を英語表記にしてみると

左から順に、one , five , eight , nine , ten となり

それぞれに含まれている「e」の数は1つ。

 

同様に、上から二段目、三段目の数字を英語表記にすると、

n2」には「n」の数が2つ、「t2」には「t」の数が2つであるものが並んでいることが分かる。

 

よって、一番下の段は

Fifteen , forty-four , forty-five , ・・・となり、それぞれ「f」の数が2なので

「f□」の□にはが入るということが分かる!!

 

おそらく正解なんじゃないかなと思いますが、

〇〇君、いかがでしょうか?

 

なかなか良く考えられている問題で、すぐには解けませんでした!( ゚Д゚)

しかも別の数字を使っても同じような問題が作れるという優れもの。

次回作も期待しておきますね!✨  

 

 

と、普通の人ならここで終わるところですが

上田はやられたらやり返す!人なので。

 

 

では、この問題を解いてみてください。

制限時間は3分です!!

 

答えが出たら、上田までご連絡くださーい。

メダルあげますよ。🎖

 

次回は、ペンネーム「御南校のシンデレラ👠✨」さんからの投稿に答えたいと思います!

今週はここまで!!👋

 

御南校/上田祥史