君の知らない物語

みなさんボンジョルノ!「もうパスタは嫌だ」でお馴染みの山本です。

今日はみなさんが知らない私の過去が垣間見えると思いますよ。

いつも通りのある日のこと、散歩をしながら音楽を聴いていました。この日はアプリの調子が悪く、シャッフル再生をしているとマイリストには入れていない曲が流れ始めました。

「~~♬~♪~~」

「こ、この曲は・・!?俺が高校1年生の時に好きな女の子を思い浮かべながら聴いていた曲じゃないか!!」

きれいな歌声と美しいメロディーに沿って思い出される過去。

駅に向かう彼女を呼び止めメールアドレスを聞いたあの日。
彼女が好きだと言っていたマンガを借りるためにTSUTAYAに自転車を走らせたあの道。
彼女が発した言葉一つ一つを反芻しながら解く黄色チャート。
そして、彼女に告白してフラれたあの日の風の冷たさ。
友が発した「お前の良さは俺が一番知ってる」という言葉のキモさ。(キモうれしいってやつ)

などなど色んなことを思い出しながら散歩を楽しみました!!(帰りは異様に寒かったな)
音楽には当時の記憶を思い出させてくれる素晴らしい一面もあるなぁと気付かされました。(この曲は2度と聴きません)
みなさんも10年後、現在聴いている曲を聴いてみると胸がざわつきますよ

最後に連絡ですが、冬期講習の申し込み締め切りが迫っています。12/1までなので注意してください。

p.s. 山本先生の胸をざわつかせた曲が気になる人は直接聞きに来てください!

これはいつか彼女と一緒に行きたい場所。