高校受験を終えた中学3年生の保護者の皆様へ ~お子様のこれから~

中学3年生のお子様の高校受験お疲れ様でした。

多くのお子様の場合、中学生がもっとも自己コントロールの難しい時期にあたり、親御様の気苦労も大きかったこととお察し致します。高校受験が終わり、ほっと一息つかれている保護者様もおられると思いますが、高校受験は決してゴールではありません

むしろこれからが将来の進路を直接決める時期になります。高校に進学したお子様は、中学校のときより精神面で安定してくる反面、親御様の干渉を極力さけ様々なことを自己判断で決めて自立したいと思うようになってきます。

ただ、まだ社会に出ているわけではないので自己判断には危うさが多分にあり判断を誤ることも多いと思います。そこで今回はお子様が高校進学後にどのように学習していけばよいかを親御さまにお話し、お子様の成長を見守りつつ、お子様の判断に誤りがあるときには躊躇なく諭す材料として頂けますと幸いです。

皆様もご存じの通り、高校での学習内容は中学とは比べものにならないほど多くなります。

まず第一にはっきりと申し上げておきたいのは、高校受験の内容は時間をかければ丸暗記でもなんとかなりますが、大学受験の内容を丸暗記で乗り切るのは完全に無謀と言えます。したがって高校受験を暗記で乗り切った生徒は、高校進学後についていけなくなり成績が大きく下がることになります。これでは県外の難関国公立大学はもちろん、岡山大学合格もはるかに遠のいてしまいます。

KLCセミナーは大学合格が最終目標なので、そのようなことにならないよう小学生のうちから暗記ではなく理解を重視する指導をし続けています高校受験を終えたお子様は、ついつい力が抜けしばらく遊んでもよいような気になってしまいがちですが、次に控える大学受験の壁は高校受験の壁よりはるかに高くそびえ立っていることを親御様には知っておいて欲しいと願います。そしてお子様にその壁の大きさが見えない際には、しっかりと諭してあげて下さい。