niwase のすべての投稿

誠に日に新たに、日々新たに、また日に新たに

昨日の夕方、中学準備講座の前のことです。
入試が先週末に終わったばかりの小学6年生のある女子生徒に
「受験終わってほっとして気が抜けたんじゃない?」って聞いたら、

「いえ。これまでと変わりません
(ニコキッパリ!)」

と0.5秒で即答され、大変感服しました。
さすが!!! KLCの生徒はここが違う!!!

何というか、燃え尽きないのです。モチベーションが燃え続けている。

下の写真は、今週から始まった小6の中学準備講座の様子です。
小6生が2クラスに分かれて、全員出席で中学内容の勉強をスタートさせました。

今日はそんな<日々の気持ちの持ち方>について少し。

紀元前1700年ころ、今から約3700年前。
日本は縄文時代でようやく農村らしきものが出来始めた頃ですが、その頃中国には殷(いん)という国家がありました。考古学上確認されている中国最古の王朝だそうです。
(ジャンプに『封神演義』ってマンガありますよね。あれはこの「殷」(いん)の時代の最後が舞台となっています。)

———————
さてこの国(「殷」いん)を作った初代王の湯王(とうおう)という人は、毎朝顔を洗う洗面器(多分石で出来ていた)の底に次のような言葉を彫って、毎朝眺めていたそうです。

『苟日新、日日新、又日新』

読み方は『まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり』

その意味は、
物事に対する心構え・覚悟は、今日新たにして、その次の日もまたその次の日も新たにして、さらにまたその次の日も新たにして心に刻んでいかねばならない。
といったところです。

———————-
湯王の場合は、国を作っていく政治についての心構えのことを言ったのでしょうが、私たちにおきかえると、仕事や勉強、あるいはスポーツなどなど・・・それらに対して、毎日毎朝気持ちを新たにして「よっしゃ!」と臨まないと、惰性に流されて、ついつい適当になってしまうことって結構あるんじゃないかと思います。

今日は、新しい一日!
朝、身体を洗い身を清めるように自分自身の心も洗い清めて、
昨日までの悪い習慣や、やらなきゃいけないけどできなかったことを反省し、新しい自分になる。

それを、日々繰り返し、何度も新しい自分になる。
決して油断せずに、丁寧に毎日を過ごす。

忙しさに心を奪われてしまうとつい、過去のしがらみや、昨日起きた問題等で、朝から縛られてしまいます。
でも、顔を洗う時に、自分の顔を見て「今日が新しい一日!」だと思えば、どれだけ心が清らかになるでしょうか。

そんな毎日を送り、日々成長していきたいものですね。

———————-
(最後にちょっと小ネタ)
○みなさんの学校には二宮金次郎の銅像があるでしょう?
背中に重い荷物を背負って仕事しながら本を読んでいる、勤勉と努力の象徴・二宮金次郎です。
その二宮金次郎が手に持っている本は「大学」(だいがく)という本なのですが、この本の冒頭一番最初に出てくるのが湯王のこのエピソードなんですよ。

○明治維新の「維新」は「維(こ)れ新たに」という意味で、この句が元になっているそうです。
———————-

では!          庭瀬校 前

切り取るは「刹那」浮かぶは「永劫」

皆さんこんにちは。山本です。

前置きしておきますが、今日のブログは全く役に立ちません。ただ、私の感動を伝えるのみです。

昨年12月31日のこと、私は出会って10年ちょっとになる友達と遊んでいました。「高校生の時は毎日遊んでたのにな」なんて言いながら、気が付けばこうして1年に1回会うことができれば御の字といった状態です。

そんな中ふと友達が言います。
「みんなで写真を撮ろうや」
私は自分が写真に写るのは嫌いなのですが、滅多にない機会なので撮ることにしました。
スマホカメラに詳しい友達がアレコレ設定をして「3.2.1 カシャ」
そうして撮られた写真のまぁ素晴らしいこと。本当に素晴らしい。見た瞬間に目頭が熱くなるのを感じました。

 

友達が複数写っているのでこのブログに載せることはできませんが、何がそんなに素晴らしいのかというと、そこにはハッキリと「心」が写っていました。

 

私の「心」に対する考え方の一部はこちらで書かせてもらいましたが、まさか目に映る形としての「心」を感じることができるとは思ってもいませんでした。

この感動は言葉に言い表しにくいですが、ほんの少しでも伝わっていればいいなぁと思います!
若人よ。写真を撮れ。

これは「困ったら犬の写真を貼っとけ」の典型

助けて丸えもん

生徒「ねえ~ド〇えもん。

西丸「テレビ以外でそのセリフを聞くことがあるとは思ってもいなかったわ。」

生徒「クリスマスプレゼント欲しいものがないんだよドラ〇もん~。」

西丸「え~。じゃあ先生が代わりにもらっていい?

生徒「何が欲しいん?」

西丸「ん~~~。お嫁さん。

生徒「まあ、普通にしてたらもらえないもんね先生

西丸「・・・・・・・・助けて〇ラえも~~~ん。

 

こんにちは西丸です。

近所を歩くと聞こえてくるクリスマスソング、きらびやかに飾り付けられたお店を見ると気分が高揚しますね。

庭瀬校でも、クリスマスツリーが生徒をお出迎えしてくれています。

運が良ければクリスマスツリー丸が出迎えます。

 

るんるん気分の一方、「今年も終わるのかあ。」と考えると少し物寂しい気持ちにもなりますね。

皆さん今年を振り返るとどんな思い出が浮かびますか?

私が真っ先に思い出したのは

① お医者さんの「一年で急激にお太りになられました?」というセリフ

② 「先生今年は車にひかれなかったね。」と言った時の生徒の顔

でした。印象的だったのでよく覚えています。

今年一年の思い出を家族と振り返りながら過ごすのが年末年始の楽しみの一つですよね。

 

そしてなんといっても、楽しみのもう一つはご馳走!!! 

おせちや鍋、お餅、考えただけでもお腹が空いてきますね。

毎年雪だるまのごとくふくよかになる西丸も「今年こそは食べ過ぎない」を合言葉に美味しく太らない献立を組んでいるところです。

 

年末年始を前にそわそわしている様子の生徒が増えてきましたが、体調管理をしっかりしましょうね。特に受験を控えている生徒はいままでに以上に気をつけましょうね。

受験までの期間、体調万全で過ごすことが一番大切ですよ!!

 

最後に今後の日程についてお知らせをします。

冬期講習中の休校日は毎週日曜年末年始(12月31~1月3日)です。自習室の開放もありませんので、ご注意ください。

3学期のスタートは1月11日(火)の授業からです。それまでの期間は冬期講習の日程で授業がありますので、パンフレットをご確認ください。

よろしくお願いいたします。

庭瀬校のお知らせです。

最近寒くなってきましたね。
そういえば、山本先生も「最近、寒くなってきたので食欲がある」という話をしていました。その時は

「冬眠前のクマみたい…笑」
と思いながら聞いていましたが、やはりたくさん食べて体力をつけるのはとても大切です。たくさん食べて、暖かくして風邪などひかないように注意していきましょう。最近山本先生の姿を見かけませんが、決して冬眠しているわけではありません。

こんにちは、松浦です。
今週のブログは連絡事項になります。

① 2学期終了と冬期講習について
12/21(火)で2学期の授業が終了し、12/22(水)から冬期講習がスタートします。学年によって、申し込んだ講座によって初回授業日が異なるので、ご注意下さい。
↓ 実施場所も確認しておきましょう。


※冬期講習のテキストも届き始めました。

② 漢検申込締切について
第3回の漢検の申し込み締め切り日が近づいています。漢検を申し込む予定でまだ申し込んでいない人は12/21(火)までに申し込みを行ってください。
第3回英検は受付を終了しました。新年度からは英検・漢検・数検を実施します。それぞれ目標を決めて頑張っていきましょう。

③ 小6受験生へ
年が明けるとすぐに入試本番を迎えます。2学期最後の授業でも話しましたが、ここから先の過ごし方で合否が変わることもあります。毎日のやり直しを徹底することと、今までのテキストの解きなおしを繰り返して下さい。

気分転換に
「しんじろうくんとワニの旅人算」
「にしまるこちゃんの差集め算」
「しょうごくんのニュートン算」…など読むのもいいですね(笑)

演習量は誰にも負けてません。

自信を持って入試に臨んでください。

先日、小学生が家から球根を持ってきて庭瀬校の花壇に植えてくれました。
本当にありがとう。
この芽が出て、花が咲くころ皆さんは新学年です。
 楽しみにしています!

庭瀬校 松浦

広がる人の輪

こんにちは!前です。

日に日に暮れる時間が早くなり、寒さも増してきました。
受験生の<勝負の日>が近づいてきました。
受験学年以外の中高生も期末試験中~結果返却の頃。
こんな時期、大抵の塾ではピリピリと緊張感が増してきます。それが当たり前でしょう。

・・・ところがここ庭瀬校では、今日も生徒たちは笑顔でやってきます。
本命受験まぢかの小6受験クラスの授業では、教室の外まで生徒の笑い声が響いてきます。
日本昔話的(←こちらを参照)というべきか、
あるいはポジティブラーニングというべきか(もちろん後者)、
ブレず変わらず、いつもの明るく前向きな空気が保たれています。

——————————————–
さて本日のブログは、まず以下の写真から。

↓ 何の写真かわかりますか?

そうです。校舎に入ってすぐにある月間予定表ですね。

たくさんの磁石が貼ってあるでしょう。
この磁石は庭瀬校に来てくれる【体験生】のことです。
皆さんも最近の授業で「あれ、今日は新しい子がいるな」と気づくことが多いでしょう。

いま、本当にたくさんの体験生がここ庭瀬校を訪れてくれています。
体験前の面談で保護者の方にお話を伺うのですが、どの方も
「友達が通っているから」とか「友達のお母さんに話しを聞いて」とおっしゃいます。

ひとえに今通っている生徒や保護者の皆さんの口コミのおかげです。ありがとうございます。

このようにして、前向きに学ぼうという人の輪がこの地域に広がっていくのをひしひしと感じます。

最初はなかなか勉強の要領がつかめず、結果が出るまでに苦労したり、時間がかかったりすることもあるかもしれませんが、大事なのは「やらされる勉強」ではなく、「前向きに自分からやる勉強」であることだと思います。
だからこそ、頑張って成果が出たときの喜びも大きくなるのだと思います。

KLC庭瀬校では、そんなみなさんを精一杯応援、サポートしていきます。
寒さに負けず、それぞれの目標に向かって前向きに一歩一歩成長して行きましょう!!

         庭瀬校 前