niwase のすべての投稿

縁を生かす/子供の可能性は無限

こんにちは! 
遅れてやってきた庭瀬校新米教師の前です。
このブログを書かせていただくのも2回目になります……恐縮恐縮。

さて今回は、ある先生と生徒のお話を紹介しますね。

======================
『縁を生かす』

ある小学校で良いクラスつくろうと一生懸命な先生がいた。

その先生が五年生の担任になった時、一人、服装が不潔でだらしなく、遅刻したり、居眠りしたり、皆が手あげて発表する中でも、一度も手をあげない少年がいた。
先生はどうしてもその少年好きになれず、いつからかその少年毛嫌いするようになった。指導記録に先生は少年の悪いところばかり記入するようになっていた。

ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。そこにはこう書いてあった
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよくでき、将来楽しみ」とある

—–間違いだ。他の子に違いない。先生はそう思った。

二年生になると「母親が病気で世話しなければならず、時々遅刻する」と書かれていた。
三年生では「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」。
三年生の後半の記録には「母親が死亡。希望失い、悲しんでいる」とあり、
四年生になると「父は生きる意欲失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力ふるう」。

先生の胸に激しい痛みが走った。

だめと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。先生にとって目開かされた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声かけた。
「先生は夕方まで教室で仕事するから、あなたも勉強していかない?わからないところは教えてあげるから」。
少年は初めて笑顔見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習熱心に続けた。
授業で少年が初めて手あげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信持ち始めていた。

六年生で先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした」

それから六年。またカードが届いた。
「明日は高校の卒業式です。僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。おかげで奨学金ももらって医学部に進学する事ができます」

十年経て、またカードがきた。
そこには先生と出会えた事への感謝と、父親に叩かれた体験があるから感謝と痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生思い出します。あのままだめになってしまう僕救ってくださった先生、神様のように感じます。大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、五年生のときに担任して下さった先生です。」

そして一年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。
「母親の席に座ってください」と一行、書き添えられていた。
先生は嬉しくて涙が止まらなかった。

たった1年間の担任の先生との縁。
その縁にこの少年は無限の光を見出し、それをよりどころとして、
それからの人生を前向きに生き、その人生を開花させた。

人は誰でも無数の縁の中に生きている。
大事なのは、出会った縁をどう生かすかである。

=====================
長文におつきあいいただき、ありがとうございます。
いかがでしたか?
私がこの話を知ったのは今から15年以上前ですが、
いまだに読むたびに涙が出そうになります。

ダメな人/ダメな子なんていない。
可能性のない人/子なんている訳ない。
僕たち大人が、ダメだと決めつけてしまう考え方があるだけ。

実際の教育現場では、上の話のように心癒されるエピソードだけで進むはずはなく、一人の子だけに手をかけ過ぎることは難しかったり、時には厳しい指導をしたり・・・うまく行かないことが毎日のようにあるのが現実です。

ただ一方で、「縁の大切さ」と「人の可能性は無限であること」を常に肝に銘じ、この先生のように生徒の心に残り、その人生に良い影響を与えるような関わり方ができればと思います。

              前

出典:『小さな人生論3』致知出版社

ぶぁぁっくしっっ!!(新学期スタート!!)

皆さんこんにちは!花粉症でめちゃくちゃに苦しんでいる山本です。
今年は鼻だけでなく顔の痒みも酷く、風呂上がりと就寝前に4種類の塗り薬を使っています。(顔が舞妓さん位白いのは内緒です)

さて、学校では新学年での授業が始まってくるところだと思います。塾の授業で予習してある科目は大丈夫だと思いますが、他の教科もぬかりなく頑張ってください。
一つアドバイスをしておくと、最初の数か月を苦しくても楽な方向に逃げずに耐えてみてください。半年後にはその生活リズムが「普通」になっていると思いますよ。

最後に、全国に多数いる(?)西丸先生ファンのために秘蔵写真をプレゼントします。勉強に疲れたときはコレを見て癒されてください。

リーゼント丸

お知らせとぽかぽか陽気

 

「木陰で昼寝がしたい」

そう思いませんか皆さん。

ぽかぽかおてんとさまの下、小鳥たちの子守歌に誘われるがまま、草木の匂いをのせたそよ風に身をあずける。

最高ですね。考えただけで頬が緩みます。

庭瀬校の花たちも「俺を見ろ」とばかりに生き生きとした姿を見せてくれています。

森の奥の一軒家で、自然をその身に感じながらの自給自足生活を夢見る中肉中背男性(27歳 独身 減量中)である私にとって、待ち望んでいた季節の到来です。

春眠暁を覚えずなんて言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、その言葉の通り「お布団さんが私を離したがらない。などと意味不明な言い訳で自分を正当化しながら、携帯のアラーム音をしぶしぶ止める毎日を送っています。

 

さて、そんな話はさておき

4月に入り、春期講習も残すところあと僅かになりましたので、お知らせです。

お知らせ

※4月4日は休校日ですので、自習室の利用もできません。

※通常授業は4月8日(木)スタートとなりますので、いまいちどパンフレットで日程のご確認をお願いいたします。

中学生の英数の授業はクラス毎に実施場所が異なります。新中1生はテスト直しの際、クラスを案内しますのでご確認をお願いいたします。

 

いよいよ、新学年での学校生活も始まります。

楽しいことが多く、気持ちがふわつく時期ではありますが、気を引き締めて頑張っていきましょうね。新学期、良いスタートをきりましょう!!

西丸

身体が大きくなりました

最近、少し身体が大きくなった気がします。
…教室で演習中に子どもたちの机をまわる時も通れると思った幅が通れなくてよく机にぶつかっています(笑)。春期講習は本館・2号館・3号館をなるべく歩いて移動しようと思っています。

 

こんにちは、松浦です。

春期講習が始まりました。
学年や受講する教科によっては明日からスタートする学年や月曜日からスタートする学年もありますので、もう一度最初の授業日をチェックしておきましょう。春休みは学年の変わり目で勉強した人としない人の差が非常につきやすいです。これまでの復習と新学年の予習をしっかり行い、新学期によいスタートを切ってください。

3月に入ってずっと工事が続いていましたが、工事も終わってすっかり改装されました(どこが変わったかわかりますか?)。校舎も新しくなり、気持ちも新たに頑張っていきましょう!

松浦

春期講習まぢか&自己紹介

みなさんこんにちは!

3月から庭瀬校勤務となった前(まえ)と申します。
簡単に自己紹介させていただきますと、
岡山市中区出身。趣味はテニスで、歴〇十年。最近は休日に県営グラウンドや百間川に出没しています。
あと家事も趣味(仕事?)で、3人の子供の食いつきの良いメニューづくりに日々苦心しています。

担当科目は小中高の理系科目(数学、算数、理科)です。
みなさんの成績アップを強力にバックアップしていきたいと思いますので、
「宿題が多すぎる!」「厳し過ぎる!」などありましたら、いつでも遠慮なく言ってくださいね。(笑)
どうぞよろしくお願いします‼

——————————————————————-
さて、来週22日月曜から春期講習がスタートします。
(この期間は通常授業はありませんのでご注意ください)

おかげさまで現在庭瀬校は大変盛況で、春期講習はほぼ満席状態で若干名の余裕を残すのみという状態です。よって今週末の説明会は中止とし、残り座席のある学年のみの受付を21日(日)までさせていただきます。

塾生およびすでにお申し込みのみなさま、
来週から<前学年の復習>と<新学年の先取り>を頑張っていきましょう!

              庭瀬校  前