okayama のすべての投稿

できっこないをやるっきゃない

先日、ふと耳にした言葉がすごく印象に残った。

できっこないをやるっきゃない。

確かにそうだ。

コロナの前では、想像できなかったことが今は当たり前になっている。

そういえばあの時・・・

できるできないではなく、やるしかなかった。

つまり・・・

できないと思わなければ、できるってことだ。

できると思えば、できるってことだ。

 

 

話は変わって・・・、  ←(おいおい良い話っぽかったのに変わるんかい!)

岡山校では9月から宿題を増やしている。

量としては、少なくとも以前の倍!

なぜ、宿題量を増やしたのか?

きっかけは、東京の校舎の夏休みの課題量を知ったから。

ひとりの先生がおもむろに目の前に手を差し出してきた。

こんな風に

「これ〇〇校(東京にある系列校)の小中学生の夏休みの宿題量!」

???  ←(うそだろ?生徒やめるで)

「どういうことですか?」 

「テキスト重ねると厚みがこれくらい」←(親指の先から小指の先まで)

「盛ってないですか?」

「盛ってない!」

・・・(黙)  ←(絶賛困惑中・・・)

 

岡山では考えられないくらいの量に  ←(厚さだけで言えば3倍だよ)

(ごめん。みんな。先生は甘かった。)

と心の中で反省。

同時に、東大の受験などで地方の受験生が競り負けてしまうことの原因が見つかった気がした。

大学受験までにやってきた勉強の厚みが違う・・・。

 

 

そんなこんなで、小中学生の宿題の量を少し増やした訳だが、

突然増やされた生徒からしたら

できっこない!

と思っただろう。

事実、9月は宿題の未完成も多く、居残りや罰課題を追加される生徒も多かった。

しかし、1ヶ月が過ぎ、今は9割以上の生徒が宿題をこなしている。

やるっきゃない!

思わされたからだろう(笑) ←(逃げられない上に、罰課題まで追加される)

 

成果は、導入しているICT教材のすららでも明白になった。

紙のテキストは答えを写すなどのズルもしようと思えばできてしまう。

すららの良い点は、そうはいかないところ。

すべて履歴に残るからだ。

そのすららにおける小テストで変化は表れた。

先週分のテストでも約8割の生徒が100点だったのだ。

これは2週連続。

明らかに変わってきている!(嬉)

定期考査も目前。

成功体験を掴ませたい!! ←(この調子で、やらせるきゃない!)

 

できっこないをやるっきゃない!

ただ、これ本当は

「できっこないをやらなくちゃ」っていう歌の題名だったようで・・・

聞き間違いでした(汗)

でも、せっかく聞き間違えたので

できっこないをやるっきゃない!

で座右の銘にします(笑)

 

できると思えば、できる!

受験にだってまだ間に合う!

できっこないをやるっきゃない!

共通テストまであと何日?高校3年生がいまやるべきこと!

あと108日…。(9月30日時点)

3ヶ月と約2週間しかない。

この間の全国模試の自己採点も良くなかったし…。

どうしよう?

何をすればいい?

何をしても間に合わない気がする…

 

受験生あるあるです。

 

残された時間も3ヶ月しかないので焦る気持ちもよく分かります。

「先生どうしたらいいですか?」

「何を勉強すればいいですか?」

模試の後には、こんな相談をよく受けますが、そんな時、私は必ずこう聞き返します。

「模試の直しはやったの?」

実は、自己採点はしても、間違えた問題の直しが中途半端な生徒は非常に多いです。

自分にとって良くないことと向き合うのは、つらいですから。

でも、もしも、あなたが病院で検査を行い、体に異常が見つかったとしましょう。

そのとき、あなたは「きっと大丈夫だから」とそれを放っておきますか?

しないですよね?

同じように、テストの直しは必ずやるべきです。

 

 

何しろ、直しには“気が進まない”こと以外は、良い事しかありません。

残りは3ヶ月。

残されたわずかな時間で、成績を最大限に伸ばすためには、効率よく学習したい。

ただし、効率よく学習するってどうやればいいのか?

何が最も効率がいいのか?

 

“直し”です。

 

テストで間違ったところは、今の自分に足りていない知識です。

足りない所を教えてくれているのですから、得点のアップするための勉強法としては、最も効率的です。

ただし、このとき次の2つに注意しましょう!

直しの注意点

① 間違ったところの解説を読んで理解をして直しを終えた。

② ケアレスミスだと分かり直しを終えた。

 

やりがちですよね?でも、これだと直しはほぼ意味がありません。

「分かっていたのに間違えてしまった!」

こんな言い訳をよく耳にしますが、これが最も良くない。

この言い訳をしてしまう人は、おそらく勉強がインプットばかりで、アウトプットが足りていない。

おそらく、いやほぼ100%、再び間違えてしまうでしょう。

一度聞いただけで、問題が解けるようになる人は天才です。

そうではない我々は、解けるようになるため、忘れないように、何度も反復しなければ身に付きません。

最低でも、もう一度解き直しを行って、自分の力で解くことを忘れずに行いましょう!

 

最後に、先程は言い訳と断言しましたが、それでも「正解出来たはずなのに間違えた」と感じる問題は存在します。

そして、この場合の多くは、時間が足りないことが原因になっています。

共通テストは時間との勝負です。初年度ですから、過去問で演習という訳にいきません。

残り数回のマーク模試を有意義な練習とするためにも、

“時間配分の見直し”

も行った方が良いでしょう。

 

時間配分の設定方法

① 最低限取らないといけない目標得点を決める。

② 目標得点に到達するために、解けなくてもよい問題を選択。

③ 選択した問題以外を確実に得点するために必要な時間を計算する。

 

やらないといけないことが分かりましたか?

では、今すぐ!始めましょう!

明日とか言ってると、どうせやらないですよ!

さぁ、今すぐ!始めましょう!

 

 

キャンペーン中

こんにちは。梅雨の季節はマスクが苦しいですね。岡山校では特製
フェイスガードを配布中(?)なのでどんどん使いましょうね。
マスクよりは暑苦しくないよ。

さて、ただいまレプトンでは「7月 夏の入会キャンペーン」を行っています。
7月中にレプトンに入会した人は入会金と7月の授業料が無料
さらに、レプトン会員に紹介されて入会した場合、紹介者・入会者ともに
レプトンオリジナルバスタオル”をプレゼントします。

英語の発音・聞き取り能力はクラス授業ではなかなか身につきません
体験も随時受け付けていますので興味があればぜひ申し込んでみてください。

7月の授業予定

みなさん、こんにちは!

今月から夏期講習が始まりますね。

申込書の提出は済んでいますか?まだ出していない人は急いで提出してください!

もしKLCに通っていない友達がいれば、夏期講習のみの参加も可能ですので、ぜひ友達も誘って一緒に参加してくださいね!

 

7月後半から岡山校は授業予定が変則的になるので、予定をよく確認して間違えないように気を付けてください!

通常授業・・・7/21(火)まで

振替授業・・・7/22(水)~7/25(土)

夏期講習・・・7/26(日)より順次スタート

不明な点があれば、いつでも受付に来てください*

岡山校 森下