塾の先生の仕事とは?

皆さんこんにちは。

どんどん受験が近づいてきて、今ブログを書いているときは中学受験初日の子もいる時期で、受験シーズン真っ只中!といった感じです。

 

そんな中、受験直前の面接練習も行いました。

受験本番に向けて最終チェックを行い、一人ひとりどう言えばよいか、気を付けるポイントは何か、確認をしました。

そんな中、面接の受け答えの中で将来の夢について語る質問があり、「将来先生になりたい」と答えている子もいました。

そう思ってくれるのは嬉しいのですが、学校だろうと塾だろうと先生って意外とたくさんの仕事があります。

おそらく様々な理由からそういう志を持っていると思いますが、先生のお仕事をすべては把握していないことでしょう。
ですが、先生になりたいのであれば少しでもどういう仕事なのか知ってもらいたい!
今回は普段生徒からは見えにくい、KLCの先生の仕事を少しだけ紹介したいと思います。

 

①授業

先生のお仕事といえば真っ先にこれが思い浮かぶことでしょう。
KLCの先生は授業の準備にも時間をかけ、授業中も「どの問題を演習するか。」「誰に発問しようか。」「宿題はどれくらい出すか。」などいろいろなことを考えています。

一番イメージしやすい仕事の一つですが、実は授業以外にもいろいろな仕事をしています。

②面談

これも言われてみれば、確かに!と思いますよね。
保護者面談や生徒面談など、成績を上げるために様々な視点がアドバイスをする、重要な仕事の一つです。

③Q&A

KLCと言えばQ&A!と答える人もいるでしょう。授業外での質問や宿題のやり直し、チェックテストの再テストなど、Q&Aの活用によって大きく成績を上げ、志望校に合格していくKLCメソッドの一つです。

まだQ&Aを利用したことのない人は一度利用してみましょう。
普段の学習が一層はかどりますよ!

④事務作業

プリントや掲示物づくり、電話対応などなど…。
生徒が来る前にパソコンを使っていろいろな作業をしています。
今は受験シーズンですので過去問の添削もしています。
写真は菅先生一人ひとり愛をこめて過去問を添削している様子です。

KLCの配布物や掲示物も含めて先生たちが全部やっているんですよ!

⑤清掃

皆さんが使う教室やトイレ、エアコンなどの掃除もします。
気持ちよく使えるように清潔な状態をなるべく保てるようにしています。

先生の仕事でもありますが、定期的にプロの方に掃除をしてもらっていて、最近では倉敷校の床がすごいきれいになりましたよね。

⑥生徒・保護者対応

私が一番大切にしている仕事は実はこれです。授業中だけでなく、授業外でも生徒とのコミュニケーションをとっています。
学習状況はもちろん、学校のこと、家のこと、趣味などいろいろな話をします。
KLCは話しやすい先生が多い!とよく言われますが、生徒や保護者と頻繁にコミュニケーションをとっているのが一つの理由と言えます。

保護者面談で話すイメージがあるかもしれませんが、ふとしたことで電話をかけたり、お迎えの際に様子を伝えたりすることもあります。

写真は昔生徒が撮影してくれたものです。授業中は厳しい先生でも、普段はお茶目な部分もあるんです。
そういう一面にひかれてよく話に来てくれる子もいます。

今挙げた以外にもたくさんの種類の仕事があります。
正直、大変な部分もあります。責任も重大ですし、生半可な気持ちではできない仕事だとも思っています。

ただ、面倒見た生徒が合格する瞬間というのは他の職業にはない達成感や感動を味わうことが出来ます。

将来の夢が決まっていない、目標が決まっていないのであればまずは「この職業ってどんな仕事しているのかな?」と調べることからスタートしてみるのも良いかもしれませんね。
私は自分で先生という仕事が天職だと思っています。

学習面だけでなく、進路相談もいつでもお待ちしています!

平林