特殊算特訓

みなさん、こんにちは。
大元校の小林です。

前回は「新中1の英語、どうしたらいい?」というお話をしました。
今回は4月から7月まで期間限定で開講する、小4~6年生向け講座「特殊算特訓」のお話です。

中学受験クラスでは、小4の後半から特殊算を習い始めます。
もちろん小5や小6でも特殊算を学習しますが、これがなかなか手ごわい
言い方を変えれば、勉強のしがいがあります

特殊算と言っても、ピンと来ない保護者の方もいらしゃるかもしれません.

たとえば「つるかめ算」などが特殊算と呼ばれるものです。
このような算数の問題は学校では勉強しませんが、中学受験には必要なものです。避けて通ることはできません。どうせ避けて通れないのなら、できるように「特訓」したほうが、勉強が楽しくなります

大元校の「特殊算特訓」(4月開講~7月まで)は、受講される生徒さんの学習状況に合わせて特訓内容を厳選して行います。たとえば、新4年生では和と差の問題を線分図を書いて考えるところから始めます。新6年生ですと、すでに5年生で学習した、つるかめ算など面積図を使って考える問題などを扱います。中学受験で算数が入試科目に必要ないという生徒さんはいません。この「特殊算特訓」の受講をぜひご検討ください。

新中1の英語、どうしたらいい?

みなさん、こんにちは。
大元校の小林です。

もうすぐ2月が来ますね。もう年が変わってひと月たつんですね。早い。
この感じだと、あっという間に2月、3月も急ぎ足で通り過ぎて行きそうです。

となると、すぐに新入学・進級の4月が来ます。
今日は、新中1の英語についてお話したいと思います。

英語は、数年前から小5・小6で教科として学校で学んでいます。
ところが、中1になったときに2年分の学習成果を発揮できる生徒さんは、そう多くはいません。どうしてでしょうか。

それは、小学校で学ぶ英語と中学校で求められる英語の力に少し食い違いがあるからです。小学校では、be動詞も一般動詞も習いますし、一般動詞の過去形も習います。わが子が小6だったときに授業参観に行きましたが、楽しくみんなでパターン練習をしていました。みんなはっきりとした声で英語を話して(発表して)いました。こんな感じです。

I went to Tokyo Desneyland this summer.
I had 〇〇 at the restaurant.
It was delicious.

一般動詞の過去形(不規則変化)も使っていますし、be動詞の過去形も使っています。なかなか難しいことをやっていると思いませんか。授業参観に行ったのは2年前のことですが、こんな難しいことをやっているんだなと、正直、おどろきました。小学校で英語が教科化される前であれば、中1の終わりから中2の初めにならっている内容だったからです。でも、小学校の授業だけで例に挙げた英文を書くことができる子は少ないと思います。書く練習をあまりしないからです。

中学生になると、読む・書く・聞く・話すの4技能すべて重要ですが、その中でも、とくに「書く」が試されます。「書く」ことができないと点数がとれません。単語はもちろんですが、アルファベットを順番どおりに書けるかどうかということや文頭は大文字で始めるといった基本的なこともおぼつかない生徒が多いのです。

大元校では、中学生の英語の授業では「書く」ことも重視しています。授業で「理解」して、「書く」練習を宿題で行います。もちろん、次回授業時には「書けるかどうか」を確認するテストも毎週行います。

英語の担当の先生は、松尾先生といいます。
ある生徒のお母さんから聞きました。
「ぼくは松尾先生のおかげで、県立トップ高に合格できた」
と言っていたそうです。
ぜひ、松尾先生の英語の授業を受けに来てください。

高校生の学年末考査対策やります!!

みなさん、こんにちは。
KLCセミナー大元校の小林です。

1月は、岡大附属中学校や県立中学校の入試に始まり、共通テスト、そして私立高校入試と大切な試験がある月です。私たち大元校の講師は全員、受験生を全力で応援しています。みんなに、今まで頑張ってきたものをすべて出し切ってもらいたいと思います。

さて、表題の高校生の学年末考査ですが、2学期におこなった定期テスト対策も好評で、毎日多くの生徒さんが来てくれて、その場で疑問点を解決していきました。写真はY田先生が高校生の質問に答えているところです。Y田先生は、大元校の中でいちばん若い先生で、数学が大好きな先生です。小6のKくんは、Y田先生のことを「イケメンの先生」と呼んでいます。ぜひ、見に来てください数学の質問をしにきてください。Y田先生は、月曜日と金曜日、土曜日にいます

 

 

 

 

 

 

 

では高校生学年末考査の日程・時間を書いておきますね。

2月13日(月)~2月17日(金)
18:00~20:00
2月18日(土)
18:00~21:00
上記の6日間です。
学校のものを持ってきてください。

参加をご希望の方は、KLCセミナー大元校
0120-198-440までお電話ください。

中学校や高校に入学後、困らないようにするために・・・

受験シーズンですね。今は私立高校の入試が目前に迫っています。それが終われば、県立高校の特別入学者選抜や、中学入試の2期入試、私立の大学入試や国公立の二次試験、県立高校の入試と、受験される方は本当に大変な時期だと思います。

今回は、中学校や高校に入試した後のことを少しお伝えしようと思います。特に進学校と言われる中学校や高校に入学すると、学習進度が早かったり、課題が多かったりと、入学後に苦労する話を多く聞きます。そうならないようにするために、大切な3つのポイントについてお伝えしたいと思います。

①課題に早めに取り組む
課題を言われてからまとめて取り組んでいると、時間が足りなくなって、学習の精度が落ちてしまいます。すると、間違いなく理解度が弱まり、モチベーションも下がります。
まとめてするというのは、ある程度力があれば効率も良いですが、まだ力が十分についていないうちにしてしまうと、力はつかず、それどころか、まとめてするときにしんどい思いをするので、学習に対するモチベーションが下がってしまいます。普段から自分で計画を立てて(もしくは立ててもらって)学習を進めておくことが大切です。

②他人を頼る
自分一人ですることは、学力向上の上で、とても大切ですが、効率が悪いことも多々あります。分からないときは聞けば簡単に解決します。もちろん、聞いた後、自分で解けるかどうか再現することが必要にはなります。それでも間違いなく効率は良くなります。勉強に限らず、どんなことでも他人を頼るという姿勢をもつことは、とても大切です。

③英語の学習
高校や中学に入学後、英語で苦戦するケースが増えています。英語の学習指導要領が大きく変わったことが要因です。小学英語では、4技能のうち、「聞く」「話す」「読む」を重視しています。これらの対策を取られているお子様も多くなっています。とても大切なことですし、効果もありますが、高校や中学入学後、苦戦する理由の最たるものが「書く」です。少しでも多くの単語を書けるように準備しておくことが大切です。

よかったら参考にしてみて下さい。

郷原

中学準備講座 開講中です!

みなさん、こんにちは。
KLCセミナー大元校の小林です。

今日も中学準備講座のお話です。
現在、小学6年生さんを対象に、
中学準備講座を開講しています。
この講座は、来る中学校入学を見据えて、
入学後に学校で上位になることを目指すクラスです。
ですので、内容も中学校で1学期に学習する内容を扱います。

先日は、第1回目の社会科の授業を行いました。
1学期は地理が先行する学校が多いようですので、
大元校でも地理から始めています。

さて、4月に新中学1年生となるみなさん、見てますか?
六大陸と三大洋を知っていますか?
日本は何州に属すか知っていますか?
世界にはさまざま気候がありますが、どんな気候があるか知っていますか?
こういった知識は社会科の基礎知識と言われるところです。
実際の高校入試では、地図や表、グラフなどを用いたさまざまな資料問題が出題されます。そのときに、まずもっておかなければならないのが、基礎知識です。基礎知識が問題の答えとして直接に問われていなくても、資料問題を理解し、解答するうえで、やはり基礎知識は必要です。
中学準備講座では、その基礎知識を丁寧に説明し、みなさんに理解してもらえるようにしています。といっても、枝葉の部分(余談??)のお話もたくさんしていますので、決して堅苦しいものではありません!(^^)!
いまからでも間に合います。中学準備講座を体験してみませんか?

お問い合わせは
KLCセミナー大元校
0120-198-440