公開テストを受ける意味とは?

皆さんこんにちは。芳泉校の安田です。

KLCセミナー芳泉校では、近々、秋期公開学力判定テストを実施します。今回は小中学生を対象に行われる公開テストですが、このブログを読んでいる皆さんは、「テストなおし」を毎度テストや模試が行われるたびにきちんと取り組めていますか?私が高校生であった頃の先生の言葉の受け売りなんですが、「模試は判定を出すために受けるものではなく、『模試』という教材を買うために受けるものだ」と私は考えています。
皆さんがテストを受ける時点で知っておかなければいけない、解けなければいけない問題がテストに出て、結果を見れば自分に不足しているものが分かります。そしてテストなおしをすることで穴を埋めて、その穴埋めを繰り返すことで、入試において穴を限りなく少なくすることができるはずです。
テストなおしをせずに模試を何度受けても、ふさがなかった同じ穴がまた見つかるだけです。そんなことを繰り返しても何の意味もありませんよね。

芳泉校でもこの度行われる公開テストではテスト直しも行う予定です。テストには全力で取り組んで、テストが終わったらテスト直しに全力で取り組みましょう!

安田