期末テストはこうやって攻略する!【中2数学】(後編)

ややこしい累乗の計算ルールをどうする?

累乗の計算のルールはかなりややこしいです。

意味を理解していれば理解できますが、

ふとテストの問題で出てくると、何をどう

計算するのかを忘れてしまいがちです。

 

そこで、これらの計算ミスのポイントを

解消するための解き方を次の図から学習して

いきましょう。

 

中1の正負の数で習う内容なのですが、

掛け算、割り算のみで作られている式は計算

した答えの正負が式を見た段階で分かります。

付け忘れが多いマイナスを最初に考えて

しまうことでミスを減らしましょう。

では次の手順を見ていきましょう。

 

 累乗の計算ミスが多いなら、

 計算をしなければいい!

 

とんでもないことを言っているようですが、

これは高校数学にも通じる大事な考え方なの

です。計算は頑張ったら誰でも出来ます。

ではミスを減らすためには、計算を頑張る

のではなく、何を計算しないといけないのか

目で見えるような書き方をして、確認すること

が大事なのです。

 

では最後のステップです。

ここまで来てしまえば、あとは簡単です。

累乗というのは同じものを何個掛けたか

でした。そのため、書き並べて約分した後は

分子、分母に残っている同じものが何個ある

のかを数えて累乗として書いていきます。

この解き方だと、計算ミスのポイントとなる

マイナスの付け忘れと累乗の計算をクリア

することが出来ます。