ootaka のすべての投稿

入塾金無料キャンペーン

KLCセミナー各校舎では、現在11月末まで「入塾金無料キャンペーン」を行っております。今年になって新型コロナの感染予防等のため、学習塾に行きたくても行けなかった生徒のみなさん、一度講習会に参加された生徒のみなさん、やむを得ず退塾しなければならなかった生徒のみなさん、ここからでもKLCセミナーはみなさんの役に立ちたいため、これまでもこれからも全力指導を行ってまいります。
新型コロナウイルスの感染予防もしっかりと取り組んでおりますので、心配されず安心して、KLCセミナーを活用してください。
夏休みの短縮もあったことで、各学校の授業の進度は、毎年と比べて大きくずれない程度になっております。2学期は科目によっては難しい単元がたくさんあります。KLCセミナーの授業と家庭学習のやり方改善をふまえて、学校のテストが飛躍的にアップし、第一志望校が合格できる学力をつけていきましょう!

高校入試説明会 開催!!

 

 

 

 

 

 

 

11月3日(火・祝)現中学3年生の保護者様対象の高校入試説明会を実施いたします!!!
倉敷青陵高校、倉敷南高校、倉敷天城高校など近年の入試問題の傾向や、各学校の特徴に加え、今中学3年生が合格に向けて何をすべきかKLCセミナーによる分析をお話いたします。

場所は【倉敷市民会館】にて行います。

参加を希望される方はご予約が必要となりますので

KLCセミナー倉敷校 
フリーダイヤル:0120-790-714

までお問合せ下さい。(締切10月24日)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため定員が100名となっております。ご予約はお早めにお願い致します。

5月7日(木)からの通常授業の再開に関して(岡山県内の校舎)

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

岡山県内のKLCセミナー各校では、現在の新型コロナに対する緊急事態宣言を受け、5月6日(水)まで休講期間を設けさせていただいております。5月7日(木)以降の授業につきましては、新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止の対策を講じた上で、予定通り実施する方針としております(2020/04/28現在)。ただし、通塾がご心配であることも承知致しておりますので、授業に関しましては、通常授業(一部を除く)の配信により、ご家庭においてオンラインによる双方向授業として受講して頂けるように致します。詳細につきましては、5月6日(水)に当塾専用アプリ(塾Link!)にてご連絡いたします。

また今後、緊急事態宣言の延長による休業要請が下された場合には、来校による授業を停止にし、オンラインによる双方向授業とICT教材を使った学習を行ってまいります。来校停止などの決定に関しましては、5月6日(水)に当社ホームページならびに当塾専用アプリ(塾Link!)にてご連絡いたします。

県立高校第2次希望調査発表!

受験シーズン真っただ中です。
KLCセミナーの各校舎でも、受験の熱気でムンムンです。

さて、先日「県立高校第2次希望調査」の結果が公表されました。

そこで、高校受験生としての心得をお伝えしたいと思います。

①倍率に踊らされるな
ありがちなのですが、「○○倍じゃ受からないかも」とか「志望校変えようかな?」など右往左往する受験生もちらほら。
2倍超などの高倍率にでもならない限り、

「誰もが同じ状況。焦っても損しかしない」

ぐらいの気持ちを持ちましょう

②とるべき行動を見極めよ
倍率を見て「自分の勉強の仕方で合っているのかな」など、迷いが生じるのも常。
しかし、よく考えてみてください。今とるべき行動は…

「迷う時間があれば、その時間を勉強時間に回すべし」

ということでしょう。
塾から指示されている課題・問題を全力で取り組みましょう!

③新しいことに取り組むな
これは受験期直前の鉄則ですが、焦り始めると不思議な行動をとることもあり得ます。

新しい問題→やったことのない問題→反復する時間が足りない→定着しない→本番に出ても解けない

という恐るべき図式に気づいていない受験生多数…。
この時期取り組むべき問題は、

「今まで解いた問題を本当に解けるか見直すべし!」

ということに注意してください。
新たに取り組んでいいのは、入試の過去問題くらいです。

以上、3点に注意して受験直前期を有意義に過ごしましょう!
KLCセミナースタッフも全力でフォローします。

大高校 井上

期末テストお疲れ様でした!

期末テストが多くの学校で終わってきた頃だと思います。

うまくいった人もいれば、もうすこし頑張っておけば・・・と後悔している人。いろいろな人がいると思います。

大高校では、「定期テスト対策」を通じて、計画をたてて勉強することの大切さを呼びかけています!1ヶ月以上前から、定期テスト対策用のワークの範囲を教室に掲示し、計画たてて進めていきなさいと授業で呼びかけています。このワークを進めるのと同時に、少しずつでも(学校の先生に言われてなくても)「学校でテストの時に提出物になるであろうワークもそろそろやり始めないと。という意識をもってもらうこと目的です。

 

次のテスト勉強こそは、後悔の出ない、テスト勉強をしていきましょう!